地獄の始まり…『進撃の巨人』総集編第4夜、リヴァイの選択に涙が止まらない「しんどすぎる」「諫山先生…」

numan


TVアニメ『進撃の巨人』を6夜にわたって振り返る特別総集編が放送中。第4夜ではウォール・マリア奪還作戦をおさらいしました。リヴァイに託された究極の選択や、夢にまで見た海の景色に「しんどい」との声が続出したとか? みんなの感想を振り返ってみましょう。
2022年1月10日から始まるTVアニメ『進撃の巨人 The Final Season』2クール目の放送に備え、これまでの全75話を6回に分けて振り返る特別総集編が放送中。第4夜では『Season 3』の51話から59話までをおさらいしました。リヴァイが究極の選択を迫られる場面では「しんどい」とのコメントが続出。みんなが心をえぐられた理由とは?

ラストではエレンやアルミンたちが幼いころからあこがれていた海に到着。感動的なシーンのはずが、視聴者は「地獄の始まり」と感じたようです。
みんなの感想とともに、注目ポイントを振り返ってみましょう。TVアニメ「進撃の巨人」The-Final-Seaso...

TVアニメ「進撃の巨人」The-Final-Season公式サイト 画像

via TVアニメ「進撃の巨人」The-Final-Season公式サイトリヴァイの選択が「しんどすぎる」ついに始まったウォール・マリア奪還作戦。巨人たちとの絶望的な戦力差を知りながら、エルヴィンたち調査兵団は命がけで戦い抜きます。

そんな中、瀕死の重傷を負ってしまったエルヴィンとアルミン。命を救う唯一の手段は巨人化の薬を使うことですが、薬は1人分しかありません。
誰に薬を使うのか。その決定権はリヴァイに託されました。究極の選択を迫られたリヴァイを見た視聴者からは「リヴァイの気持ちを思うと相当しんどい」、「心を抉られる」、「このシーンはほんとに泣けたな……」、「何度も見ているシーンのはずなのにリヴァイの声も表情も今まで以上につらくて耐えられない」などのコメントが。リヴァイが決断するまでの一連のシーンは、視聴者も涙なしでは見られなかった様子。
「究極の人間模様だった」、「死に際のエルヴィンの顔や注射を打つ直前のリヴァイの表情がしんどすぎる」、「一番つらいの兵長だよな……。アルミンの夢もエルヴィン団長の夢も知っているから、なおさらつらい」、「あの戦場で嘆く間もなく、そのまま作戦を決行しなければならなかった兵長……」、「なんか、もう、胸が詰まって語彙力が足りない」などの感想が見られました。ようやくたどり着いた海は「地獄の始まり」
【このあと特別総集編 第4夜放送!】
このあと24時5分よりNHK総合にて
特別総集編 第4夜「巨人の正体と壁の秘密」放送です!
※放送日時は変更になる可能性がございます

▽あらすじはこちらhttps://t.co/GG6lrCPE3E#shingeki pic.twitter.com/Jtltzo3uIW
— アニメ「進撃の巨人」公式アカウント (@anime_shingeki) November 21, 2021ラストでは、長年夢に見ていた海にたどり着いたエレンたち。嬉しそうなアルミンとは対照的に、エレンの表情は曇っています。
先の展開を知っているファンも「やっと海に来ることができたのに、この絶望感……」、「最後まで原作を読んだら海を見たエレンの表情に泣けて……めちゃくちゃしんどい」、「エレンとアルミンの温度差が悲しい……」と、素直に喜べなかったようです。一見すると希望に思えるシーンでも、視点を変えれば絶望になってしまうのが『進撃の巨人』らしさ。

視聴者からは「巨人を駆逐して海を見に行けばハッピーエンドだと思っていた時期があったけど、まさかここからさらなる地獄が始まるとは」、「諫山先生地獄を見せてくれるね……」、「まだ見ぬ先の地獄に震え上がった」、「『進撃の巨人』はいつも希望が見えては絶望する話だった……しんどい……」、「エレンとアルミンの目標がまさかあの形で叶えられるとは思わないじゃん。もう普通に旅行してきてよ……」と悲痛な声が続出しました。次回はリヴァイの過去を描いた「悔いなき選択」(前後編)と、ミカサ外伝の「Lost in the cruel world」を放送予定です。3本立てでの放送となるため、録画勢は番組表のチェックをお忘れなく。

進撃の巨人 番外編「悔いなき選択」予告【11/28(日)24:05~NHK総合にて放送】

via www.youtube.comこれまでの記事はこちら!■アニメ『進撃の巨人 The Final Season』Season4(4期)あらすじ・感想まとめ!【61話~最終話・74話】
https://numan.tokyo/anime/ite5v
■『進撃の巨人』名言ランキング、5位は「駆逐してやる!」。1位はリヴァイのあの台詞
https://numan.tokyo/anime/wHfIi
■『進撃の巨人』最終巻はどうだった?「リヴァイの言葉に泣く…」「諫山先生の才能を感じた」【ネタバレなし】
https://numan.tokyo/comic/KFwe4TVアニメ「進撃の巨人」The Final Season 作品情報■放送情報
TVアニメ「進撃の巨人 The Final Season」第76話「断罪」NHK総合にて2022年1月9日(日)24時5分放送開始!

これまでの進撃を振り返る特別総集編、さらにリヴァイ、アニ、ミカサなどの視点で語られる番外編を10月24日(日)24時5分よりNHK総合にて放送開始!

▼特別総集編(6話)&番外編(5話)
10月24日(日)24時5分「特別総集編 第1夜」
11月7日(日)24時5分「特別総集編 第2夜」「Wall Sina, Goodbye」(前後編)
11月14日(日)24時5分「特別総集編 第3夜」
11月21日(日)24時5分「特別総集編 第4夜」
11月28日(日)24時5分「悔いなき選択」(前後編)「Lost in the cruel world」

※「特別総集編 第5夜」「特別総集編 第6夜」の放送予定は、確定次第お知らせします。
また、放送日時、内容は変更になる場合がございます。

■配信情報
過去シリーズ各配信サイトにて配信!
本日10月13日(水)より、動画配信サービス「GYAO!」にて過去シリーズを無料配信開始!■イントロダクション
「その巨人はいついかなる時代においても、自由を求めて進み続けた。
自由のために戦った。名は――進撃の巨人」
ついに明かされた壁の外の真実と、巨人の正体。
ここに至るまで、人類はあまりにも大きすぎる犠牲を払っていた。
それでもなお、彼らは進み続けなければならない。
壁の外にある海を、自由の象徴を、まだその目で見ていないのだから。
――やがて時は流れ、一度目の「超大型巨人」襲来から6年。
調査兵団はウォール・マリア外への壁外調査を敢行する。
「壁の向こうには海があって、海の向こうには自由がある。ずっとそう信じてた……」
壁の中の人類が、初めて辿り着いた海。
果てしなく広がる水平線の先にあるのは自由か、それとも……?
エレン・イェーガーの物語は、新たな局面を迎える。

■スタッフ
原作:諫山 創(別冊少年マガジン/講談社)
監督:林祐一郎
シリーズ構成:瀬古浩司
キャラクターデザイン:岸 友洋
総作画監督:新沼大祐 / 秋田学
演出チーフ:宍戸淳
エフェクト作画監督:酒井智史、古俣太一
色彩設計:大西慈
美術監督:小倉一男
画面設計:淡輪雄介
3DCG監督:奥納基 / 池田昴
撮影監督:浅川茂輝
編集:吉武将人
音響監督:三間雅文
音楽:KOHTA YAMAMOTO / 澤野弘之
音響効果:山谷尚人(サウンドボックス)
音響制作:テクノサウンド
制作:MAPPA

■キャスト
エレン・イェーガー:梶 裕貴
ミカサ・アッカーマン:石川由依
アルミン・アルレルト:井上麻里奈
コニー・スプリンガー:下野 紘 
ヒストリア・レイス:三上枝織
ジャン・キルシュタイン:谷山紀章
ライナー・ブラウン:細谷佳正
ハンジ・ゾエ:朴 璐美
リヴァイ・アッカーマン:神谷浩史
ジーク・イェーガー:子安武人
ファルコ・グライス:花江夏樹
ガビ・ブラウン:佐倉綾音
ピーク・フィンガー:沼倉愛美
ポルコ・ガリアード:増田俊樹
コルト・グライス:松風雅也

■■More Information■■
The Final Season公式サイト:https://shingeki.tv/final/
公式Twitter:@anime_shingeki

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」The Final Season製作委員会

当記事はnumanの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ