綾瀬はるか『義母と娘のブルース』新作SP決定 竹野内豊、佐藤健ら主要キャスト集結

クランクイン!

 女優の綾瀬はるかが主演を務めるドラマ『義母と娘のブルース 2022年謹賀新年スペシャル』が、TBS系にて2022年1月2日21時より放送されることが決まった。

『義母と娘のブルース』は、桜沢鈴による同名の4コマ漫画(ぶんか社)を原作に、2018年7月期に連続ドラマとして放送された。主人公のキャリアウーマンが8歳の娘を持つ男性に突然プロポーズされ結婚、畑違いの家事やママ友の世界に足を踏み入れ、娘の母親になろうと一生懸命に奔走、家族と過ごす日々を描いた10年間の物語だ。2020年の正月には、連続ドラマの1年後を描いたスペシャル版が放送された。

完全新作となる今回のスペシャル版では、義母・亜希子(綾瀬)が再建した企業がハゲタカに乗っ取られるが、その男(竹野内豊)は亡くした夫・良一そっくりの人物…。そんな衝撃の直後からスタートする。ハゲタカへのリベンジと、夫そっくりの男への複雑な感情で揺れ動く亜希子。そんな義母を、娘のみゆき(上白石萌歌)は成長した大人のまなざしで見守っていく。

主演の綾瀬をはじめ、竹野内豊、佐藤健、上白石萌歌、井之脇海、宇梶剛士、浅野和之、麻生祐未ら、連続ドラマのレギュラーキャストが今作でも顔をそろえる。

主演の綾瀬は「生真面目で、少しズレたところもあって、でもかっこいい亜希子さんのことが私自身とても好きで、こうして再び演じることができて、みなさんに感謝しています。そして今回の見どころは亜希子さんに訪れたロマンスです!愛に溢れた物語をご覧いただき、楽しく、ほっこりしたお正月をお過ごしいただきたいです」とコメント。

みゆき役の上白石は「連ドラから3年、前回のスペシャルから2年。時を経てまたこうしてみゆきと再会できること、とてもうれしいです! ここ数年は様々なことが目まぐるしく変化していきましたが、宮本家は宮本家のまま。みゆきを演じることで、私も“ただいま”と心が懐かしい場所に帰るような気持ちになりました。変わらずにある宮本家のあたたかさをぜひ感じていただきたいです」としている。

ドラマ『義母と娘のブルース 2022年謹賀新年スペシャル』は、TBS系にて2022年1月2日21時放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ