「コロナ禍でつらい1年だったから」 花屋の女性からの贈り物に住民ら大感激

しらべぇ




今年も、新型コロナウイルスが多くの人々を苦しめた。大事な人や家族、仕事、健康などを失い、苦しい気持ちを抱えたままどうにか頑張っている人も多い。

そんな中、花屋を営む女性が一念発起。あるステキなアイデアを思いつき実行に移したことを、『Metro』などイギリスのメディアが伝えた。

■花屋を営む女性の願い


イギリスで暮らすアマンダ・ミースさん(44)は、小さい頃から花が大好きだった。学校から帰るとすぐに両親が営む花屋に行き手伝っていたこともあり、2009年には自分の店を持ち仕事に励むようになったそうだ。

しかし2020年には新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大し、人々の日常は激変。「今こそ不安でいっぱいの人たちを笑顔にしたい」「キレイなお花を届けたい」と考えたアマンダさんは、あるアイデアを思いついた。

関連記事:おみくじを信じて始めたネットビジネスが大成功 30代半ばで億万長者になった女性

■美しい花を街の人へ


人々に無料で提供するブーケを用意したアマンダさんは、「街のあちこちにこれを置いて、見つけた人に差し上げよう」と考えた。このアイデアとブーケの置き場所に関するヒントをSNSで発表したところ、多くの住民に喜ばれたという。

ある男性は、買い出しに行く途中でブーケを見つけて大喜び。それを病気の家族に寄り添う看護師にプレゼントしたところ、とても喜ばれたそうだ。

この男性はアマンダさんに、「ちょっとした善意で、人は笑顔になれるのですね」「あなたのおかげで『より善良な人間にならなくては』という気持ちになれました」とメッセージを送ったという。

■「人をハッピーにしたい」


美しい花で、誰かを笑顔にできる。そう信じるアマンダさんは、これまで20回ほど善意のブーケを用意。駐車場やバス停に置いたところ、見つけた人たちから「どうもありがとう」「嬉しかった」という感謝の言葉が送られたという。

アマンダさんは「大変な1日を過ごした人が、私の花を見て喜んでくださる。そう思うと気持ちがほっこりするんです」と、メディアに語った。

■花で励まされる人々も


アマンダさんはさらに「新型コロナウイルスの感染が拡大し、多くの人が悲しい思いをしました」「今は、誰もが励ましを必要としています」と話す。

インターネットには「通りに花があったら『死亡事故現場か』と思い気が滅入る」というコメントも書き込まれているが、アマンダさんの思いやりに感謝している人はとても多い。

このような時期だけに、ちょっとした親切に胸を打たれるという人もいる。アマンダさんの優しい気持ちは、花を見つけた人たちにしっかり伝わっているようだ。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ