8年物の原酒を中心にブレンドした、カラメルフリーの紹興酒「古越龍山 純龍」登場

IGNITE


雑味が少ない、カラメルフリーの紹興酒を紹介する。

永昌源は、カラメルを一切使用しない8年物の原酒を中心にブレンドした、カラメルフリー紹興酒「古越龍山 純龍(ジュンリュウ)」(500ml・びん)を、12月7日(火)より全国で発売する。

■紹興酒世界No.1※ブランドの「古越龍山」
紹興酒市場は2010年以降、10年以上マイナストレンド(※1)が続いているカテゴリーだ。永昌源が実施した調査によると、紹興酒は他の主要アルコールに比べて飲用経験が約5割(※2)と低いことが分かったという。

また、紹興酒を選択する際は「ブランドを決めて購入していない」という人が約8割を占め、「紹興酒は種類が少ないので増やしてほしい」というニーズが約2割存在することも分かったという(※2)。中国で発売されている紹興酒世界No.1(※4)ブランドの「古越龍山」ブランドのカラメルフリーの紹興酒は、対前年2割増(※3)となるなど好調に推移している。
※1 通関実績 ※2 紹興酒WEBリサーチ 2021年8月永昌源調べ ※3 2021年1-8月前年比 ※4 生産金額(2020年度)No.1:中国酒業協会黄酒分会調べ

永昌源は今回、このような背景を受けて、カテゴリーの活性化と多様なニーズに応える新たな提案として、「古越龍山 純龍」の発売に至ったという。

■「古越龍山 純龍」 その美味しさの特徴


商品名         「古越龍山 純龍」
発売日・発売地域     12月7日(火)・全国
容量・容器        500ml・びん
アルコール分       14%
希望小売価格       2,838円(税込)

「古越龍山 純龍」は、8年熟成を中心とした原酒のしっかりとした味わいと軽快な口当たりが特長の味わい。また、今までの紹興酒のイメージを払拭するような、軽やかで洗練されたパッケージデザインだ。

常温または少し冷やして、ワイングラスでゆったりと楽しむ飲み方がおすすめ。紹興酒の麹臭が抑えられているので、すっきりした味わいをそのまま楽しむことができる。

マーボー豆腐や回鍋肉などの中華料理はもちろんのこと、紹興酒の中ではすっきりした後味なので、豚の角煮やぶり大根などの和食ともとても相性がいい。

これまで紹興酒に馴染みがなかった人にもお勧めしたい商品だ。

(suzuki)

当記事はIGNITEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ