前田敦子の“ギャルファッション”に動揺「10年くらい前の服装…」

まいじつ

前田敦子 
前田敦子 (C)まいじつ 

トップアイドルから華麗なる転身を遂げ、役者の道を進んで成功を収めている元『AKB48』の前田敦子。彼女が参加する新ドラマの撮影現場を週刊誌『週刊FLASH』が激写したのだが、そこで着ていた服装が注目を集めているようだ。

前田の姿が捉えられたのは、11月4日、門前仲町にある〝もつ焼き店〟にて。公開された写真には、撮影が始まると同時に、とぼとぼとお店付近を歩く前田の姿が写し出されている。前田は、黒のニット帽にブラウンのレザージャケット、トップスはピンクのチェック柄シャツを着用。シャツの裾からは黒いメッシュのインナーがチラリと見え、シックながらも遊び心のある重ね着スタイルに仕上がっている。

ボトムスは秋口には珍しい、デニムのホットパンツを穿いていたが、黒のトレンカを合わせて防寒対策もばっちり。さらにダークブラウンのパンプスとブラックレザーの高級感が漂うバッグを手に持ち、全体的に〝ギャルっぽさ〟がにじみ出るコーディネートを着こなしていた。

時代が数十年前の流行で止まっている!?


清楚なアイドルのイメージから一変、ギャル風の前田にネット上では、

《2000年代?》
《トレンカ懐かしくない? 流行ったのって10年以上前じゃん》
《いつの時代の写真かと思ったら、マジで最近撮られたやつなの? 10年前とかではなく最近?》
《今の写真にしては服装が懐かしい感じがする》
《ファッションなんか古くない? そういう設定の役としか考えられない》
《ショートパンツにトレンカ、パンプスって10年くらい前の服装…》

など、大きな反響を呼んだ。どうやら着用していたトレンカやショートパンツ、黒のニット帽などのアイテムに、懐かしさを覚える人が多いようだ。

「ちなみに写真での前田はメークもかなり濃いめで、『AKB48』時代に撮影された『ヘビーローテーション』のプロモーションビデオ内での濃い化粧に似ていました。現在は薄めなメークに大人っぽい服装が多い彼女だけあって、アイドル時代のファンは〝あの時代〟を思い出して喜んだことでしょう」(芸能ライター)

昨年の事務所独立や今年の離婚など、激動の日々を過ごした前田だけあり、役作りも完璧にこなしているのだろう。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ