眺望と温泉が魅力!豊洲『ラビスタ東京ベイ』都市型リゾートホテル誕生

IGNITE


来春開業、豊洲市場駅直結の気になるホテル。



■東京に初の「ラビスタ(La Vista)」シリーズ誕生

全国にリゾートホテル「共立リゾート」やビジネスホテル「ドーミーイン」を運営する共立メンテナンスは、東京都江東区に2022年4月よりオープンする都市型リゾートホテル『ラビスタ東京ベイ』の宿泊予約受付を開始した。



全国に10棟ある共立メンテナンスの「ラビスタシリーズ」は、日本各地にある素晴らしい眺めを一望いただけるリゾートホテルおよびビジネスホテル。

「ラビスタ(La Vista)」とはスペイン語で”眺望”を意味する。

各ホテルにそれぞれの眺望の楽しみ方があり、季節によって変わる日本の自然から、心奪われるような夜景、満点の星空等を眺めることができる。



■「ラビスタ(眺望)」と湯浴みの魅力

『ラビスタ東京ベイ』の最大の魅力は、「ラビスタ(眺望)」の名に相応しい、東京屈指の夜景。

目の前に広がる幅広い運河の向こう側には、スカイツリー、東京タワー、レインボーブリッジの大パノラマを一望できる。



最上階に設えた開放感ある眺望温泉大浴場からは、ラビスタシリーズが誇る眺望を愉しむことができる。多彩な湯舟やサウナに加え、開放感あふれる露天風呂もあり、きらめく海とビルの光を眺めながらの湯浴みでパワーチャージできるのはポイント高い。



大浴場と同じフロアには、リゾート感漂うインフィニティ風の屋内プールやジャグジーを完備。

大きな窓からは、パノラマ写真のような都会の街並みを一望できる。他にも、エステルームやスカイラウンジも併設し、アーバンリゾートとしての機能も充実している。



■多彩な客室と、自慢の朝食

客室は、スタイリッシュな上質さと快適さにこだわった12タイプ、共立リゾート最大規模となる全582室がスタンバイ。



上層階にはビューバスやスカイバルコニーを完備したハイグレード客室「ラビスタルーム」もあり、首都・東京の壮大な景色を眺めながらプライベートな湯浴みを愉しめる。





朝食は、朝陽が降り注ぐ開放的なメインダイニングにて、彩り豊かな旬菜ビュッフェを提供。「朝食が美味しいホテル日本一」を獲得した「ラビスタ函館ベイ」の姉妹館に相応しい朝食で、宿泊客の「よい朝」を演出する。



東京ベイ・豊洲に位置する「ラビスタ東京ベイ」からは都心部へのアクセスも非常によく、ビジネスから観光まで幅広い滞在ニーズに対応できる。

来春以降の東京への旅、出張の時は、宿泊先の候補に加えたいホテルの誕生だ。

ラビスタ東京ベイ

オープン日:2022年4月15日(金)予定
所在地:東京都江東区豊洲6-4-40
アクセス:新交通ゆりかもめ 「市場前」駅 ペデストリアンデッキ直結
公式サイト:https://www.hotespa.net/hotels/la_tokyobay/

(冨田格)

当記事はIGNITEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ