【前へ】アニメ『鬼滅の刃』無限列車編第5話のあらすじ

Oh!My!アニメ

魘夢が列車と一体化していると知った炭治郎。伊之助にそれを伝え、一緒に乗客を守るように言いますが…。

第5話のあらすじ

斬っても斬っても再生する魘夢の体。

このままではキリがないと焦る炭治郎。そこにとうとう、目覚めた煉󠄁獄がやって来ます。煉󠄁獄の指示のもと、魘夢に立ち向かう炭治郎と伊之助。

無事に魘夢の首を斬ることはできるのでしょうか。

第5話の新規カットはどこ?

第5話で特に印象に残った新規カットを紹介します。

魘夢の増殖する体と戦う禰豆子のシーンが追加されています。劇場版にもあった禰豆子の戦闘シーンですが、新規シーンが加えられていました。禰豆子が後に煉󠄁獄ほか柱たちに認めてもらえることを考えると、説得力が増す効果があるのではないでしょうか。

煉󠄁獄の目覚め

伊之助にも助けられながら、魘夢の体と格闘する炭治郎。禰豆子もまた、必死で戦い、乗客を守ろうとします。

禰豆子がピンチになると、夢の中にいながらも助ける善逸。

悪戦苦闘する炭治郎たちですが、そこへ夢から覚めた煉󠄁獄が現れます。煉󠄁獄は魘夢の体に細かく斬撃を入れ、再生の時間稼ぎをしつつ炭治郎に的確な指示を出しました。

「この汽車は8両編成だ。俺は後方5両を守る。残りの3両は黄色い少年と竈門妹が守る。君と猪頭少年はその3両の状態に注意しつつ鬼の首を探せ。」

炭治郎は伊之助とともに鬼の気配が濃い前の車両へと移動します。そしてとうとう、魘夢の急所らしき場所にたどり着き、首の骨を発見。しかし、強固に守られているためなかなか斬ることができません。

そこで、どちらかが肉を斬ってどちらかが骨を断つ作戦を思いつきます。ところが魘夢もやすやすと斬られるわけはなく、血鬼術「強制昏倒睡眠・眼」で反撃。術にかかり、夢の中で繰り返し自刀した炭治郎は自分がどちらの世界にいるのか分からなくなり、現実の世界で自分の首を斬りそうに。しかし、間一髪のところで「つまらねえ死に方すんな!」と伊之助に止められます。

猪の頭をかぶった伊之助は魘夢の術にかからないようで、この術を破ります。

そして、伊之助の「切細裂き」で肉を散らし、炭治郎の「ヒノカミ神楽・碧羅の天」で、とうとう魘夢の首を斬ったのでした。

魘夢の死の衝撃で激しく脱線する列車。果たして皆は無事なのでしょうか。

感想

思った以上にあっさり死んだ魘夢。『鬼滅の刃』と言えば鬼の悲しい過去が描かれるのが特徴ですが、魘夢の過去は…?容姿は印象的だけれど、少しエピソードが弱いキャラだったなあと感じました。

個人的には戦いの最中でありながら「褒めてやる」と言う伊之助に「ありがとう」と炭治郎が返事をする場面がかなり好きです。優等生キャラだけど鼻につかないのは、律儀すぎて変なところに好感が持てるからだろうなと思います。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ