【突然ですが占ってもいいですか?】人気声優・梶「ここ、声優養成所でしたっけ」

11月24日放送『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系列)に『進撃の巨人』のエレン役でおなじみの人気声優・梶裕貴が登場!映画の吹き替えで共演した俳優・小澤征悦とともに過去から現在までを占われ、意外な本性が暴露される。他、女優の美山加恋、富田望生も出演。

小澤・梶裕貴に声優の指導?

ともに占いには興味があるという小澤征悦、梶裕貴。映画の吹き替えでは共演しているものの、面と向かって話すのは今回が初めてだという2人。緊張気味の梶に対し、控え室で「占いで絶対に言ってほしいアニメのセリフ」をムチャブリし、早々にペースを握る小澤。占うのはおなじみの星ひとみ。2人が部屋に入るなり、「あれ?」という表情を浮かべる星。星から水をすすめられ、ここでもペースを握られる梶だったが、小澤のアシストもあり、少しずつ雰囲気になじんでいく。

声優になる転機をピンポイントで言い当てられ、動揺する梶だったが、小澤が横からさらに「例のセリフを言ってみろ」とキラーパス。仕方なく『進撃の巨人』エレンの名ゼリフを披露する梶だったが、星はまさかの無表情で「…?」。そこからはなぜか小澤と星の声優レッスンが始まり、梶も思わず「ここ、声優養成所でしたっけ?」。コントのような展開に、スタジオのみちょぱも「占いはどうした?」。とにもかくにも、3人のキャラがよくわかる占いとなった。

小澤「今が一番楽ですね」

最近、NHKの桑子真帆アナウンサーと結婚したばかりの小澤。結婚生活についての話になると思わず口元が緩み、「今が一番楽ですね」。仕事のため深夜に起きる妻に合わせる暮らしも苦にならないと語る小澤。見た目からは想像できないチャーミングな面が垣間見える占いとなった。

富田望生・過去の恋愛を暴露!

後半は、女優仲間の美山加恋・富田望生が登場。ともに子役から活躍してきた2人。占い師のシウマから中学時代の淡い純愛エピソードを引き出され、耳まで真っ赤にしてしまう富田。一方の美山はおっとりした性格で、理想のパートナーについては「生き急いでいない人がいいですね」。独特な表現に思わず爆笑のスタジオレギュラーだった。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ