【ニノさん】仲村トオル「今俺、泣くかと思った」

11月21日放送の『ニノさん』(日本テレビ系)に俳優の仲村トオルが登場。自身の悩みや今一番気になる食べ物について話した。

娘が言うことを聞いてくれない

仲村の娘はステイホーム期間からゲームをすることが多くなったそう。おかげで悩みができたと語る。

「二人娘がいるんですけど、二人同時にゲームをやると、飼っている犬が自分が注目されていないことに対する抵抗というか…トイレじゃないとこでしちゃうんですよ」仲村が娘にゲームを中断して床をふくように言っても「今はやめられない」と拒否されるそう。オンライン対戦しているため「今やめたらほかの人に迷惑がかかる!」と言う娘の言葉に「ネット上のよく知らない人に対して”迷惑がかかる”と言われて、僕が床をふいている…」と、父親の威厳はどこへという状況になることを「何か間違ってるな…」とぼやいた。これに対しスタジオは大爆笑。二宮は「トオルさんが代わりにゲームをして娘さんに床をふいてもらえば?」と提案し「それは思いつかなかったな」と仲村。ゲーム好きな二宮ならではの提案だったが、司会の陣内智則には「そのちょっとした悩み、仲村家でなんとかして!」と突っ込まれた。

10年ぶりのラーメン!ふさわしい1杯を紹介

仲村は気になっている食べ物として「流行のラーメン」を挙げた。なんとここ10年、ラーメンを食べていないそう。ラーメン屋さんで食べたのも過去に一回だけと言う。そんな仲村の10年ぶりのラーメンにふさわしいものが味噌、醤油、塩から一品ずつ紹介された。紹介してくれたのはラーメンYoutuberの「SUSURU」。YouTube登録者数100万人、年間およそ600杯を食べ歩く「SUSURU」が選んだ究極の一杯とは。

「SUSURU」の選んだラーメンを食リポしたのはおねぇキャラのボイストレーナー「しらスタ」と人気eggモデルの「きぃぃりぷ」。食リポ初体験でありながらプロ並みの実力を発揮するきぃぃりぷにしらスタは終始タジタジだった。味噌ラーメンで選ばれたのは「あさひ町内会」の一杯。とんこつと三種類の魚介、三種類の味噌を使用したスープが本場札幌から取り寄せた短めの中太ちぢれ麺にからむ「シティー感のある味噌ラーメン」。醬油ラーメンで選ばれたのは「らぁ麺や嶋」の一杯。厳選された五種類の醬油をブレンドしたスープが中細麺によくからむ「ネオ醬油ラーメン」。トッピングのチャーシューは注文が入ってから備長炭であぶるそうだ。塩ラーメンで選ばれたのは「MANNISH神田店」の一杯。とりがらベースのスープに、希少品種「きな生姜」を加えたスープが特徴。中細麺を使用しており芯が残るよう固めに茹でているそうだ。

仲村は三種類の中から「チャーシューが気になる」と醬油ラーメンをチョイス。いざ実食すると一口、二口とスープをすするも沈黙。コメントを催促する陣内に「今ちょっと話しかけないでほしい」と言い、さらに麺を食べ始めるがひたすらだんまり。しびれを切らした陣内が「何か言って!」と再び突っ込むと、二宮が「(画が)もつのよ」とフォロー。気になっていたチャーシューを食べた仲村はやっと口を開き「ちょっと本当に感動。今俺、泣くかと思った。自分が」「この作品は素晴らしい」とコメントした。

その後、仲村が気になっているものとして便利な防災グッズも紹介。工夫の凝らされた数々のグッズに仲村とスタジオメンバーは感心しっぱなしだった。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ