【課金ゲーム】中学受験ドラマ『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』4話のあらすじ

Oh!My!ドラマ

ドラマ『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』では、中学受験を中心に子どもたちが抱えるさまざまな問題を描かれています。家族みんなで楽しめる内容となっているので、中学受験には縁がないという方にもおすすめですよ!

スマホゲームに夢中の父親

4話でメインとして描かれるのは、桜花ゼミナールで成績の悪い生徒が集められたRクラスの武田勇人。受験への意識の低いRクラスですが、勇人もゴールデンウイークの特別講習よりも毎年恒例の家族旅行を優先させています。

勇人の母・香織は中学受験に熱心ですが、父・正人はスマホゲームに夢中。まともな話し合いもできない雰囲気がとってもリアルで、香織に共感してしまったという人も多いかもしれませんね。

桂との面談で中学受験への思いを強くした香織は、残業してでも塾代を捻出する覚悟をします。それを正人に塾のいいカモにされていると言われ激怒。ゲームではなく自分の子どもに課金して強く育ててほしいと訴えます。

必要なのは得点欲と達成感

一方、算数のテストの点数が伸び悩むRクラス。黒木はケアレスミスが多いことを指摘し、問題の半分だけに絞って解答させることを提案します。佐倉は反対するものの、黒木は塾では偏差値を上げることが必要とされているのだと切り捨てます。

問題の数を減らすことで焦らずテストに解答した結果、生徒たちは点数を10点以上、偏差値も5ポイントアップさせます。得点欲と達成感を感じさせたことで生徒たちのやる気も引き出せたようです。勇人も家族旅行に行かずに特別講義を受ける気になっています。

特別講習の申し込みをする父・正人に黒木は、中学受験を課金ゲームにたとえて話しはじめます。自分の可能性に目覚めつつある息子に課金することを勧められ、正人も納得。これからは家族みんなで中学受験に取り組めそうですね。

中学受験で裏口取引?

最後に注目しておきたいのが、中学受験に関わる大人たちの動きです。ルトアックの灰谷に新規開校の学校法人クロトン国際学園の五十嵐が接近。優秀な生徒を受験させる見返りに1名につき100万円を支払うと言うのです。

灰谷は断りますが、五十嵐に黒木を紹介。後日、五十嵐の車に黒木が乗り込んでいきました。黒木は五十嵐との取引を受けるのでしょうか?

また、白柳校長と黒木とのお金のやり取りも気になるところです。これから少しずつ黒木の素顔が暴かれていくのかもしれませんね。黒木の目的はどこにあるのでしょうか?

※トップ画像は『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』公式Instagramのスクリーンショット

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ