水谷隼選手、過去の海外滞在歴で献血できず 「そんな細かい決まりが…」

しらべぇ




東京五輪・卓球男女ダブルスの金メダリスト、水谷隼選手が26日、自身の公式ツイッターを更新。過去の海外滞在歴から、献血ができなかったことを明かした。

【ツイート】海外滞在歴で「一切献血できない」

■献血しようとしたら…


トップ選手として世界を転戦してきた水谷選手は、「何か社会貢献したくて献血やりたかったんだけど、帰国後4週間以内はダメの条件があるから何年も献血できなくて…」と、これまで献血できないでいたことを打ち明ける。

また今季限りでの引退を表明しており、「引退して日本にいるからとやっと大丈夫だと思って行ったら、過去にドイツに住んでた項目が引っかかってしまい一切献血できないらしい」と肩を落とした。

関連記事:反ワクチン派の母親から幼い娘に新型コロナ感染 高熱が出た数時間後に死亡

■過去にドイツでプレー


日本赤十字社の公式サイトによると、献血を媒介して感染が危惧されるウイルス感染症などのリスク軽減のため、海外旅行者や海外で生活した人は、帰国当日から4週間以内は献血することができない。

また「変異型クロイツフェルト・ヤコブ病」は、輸血による伝播については今のところ未知の部分が多いものの、牛海綿状脳症(BSE)との関連が強く指摘されていることから、BSEが発生している英国やドイツ、イタリアなどに1980年から2004年までに通算6ヶ月以上の滞在歴がある人は献血できないとされている。

水谷選手は2003年からドイツの卓球ブンデスリーガのチームに所属してプレーしていたことから、この項目が該当したようだ。

■「行きます」と宣言する人も


水谷選手のツイートに、「そんな細かい決まりが…知りませんでした」と驚く声や、「同じくその頃のドイツ滞在で献血、もう何年もできてません」という人も。

また「健康な方いましたら代わりにお願いします」といった水谷選手の呼びかけに「来年18になるので行きます」と献血を宣言する人もおり、「水谷さんの呼びかけで献血される方きっと増えますね」といった声も見受けられた。

■海外の滞在歴で「一切献血できない」



当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ