日本のアウトローが絶賛『ただ悪より救いたまえ』任侠コメントチラシ解禁!

Rooftop


main.jpg

韓国ノワールの傑作と語り継がれる『新しき世界』のコンビ、ファン・ジョンミン、イ・ジョンジェが7年ぶりの共演で話題を呼んでいる『ただ悪より救いたまえ』が12月24日(金)よりシネマート新宿、グランドシネマサンシャイン 池袋ほか全国公開。

本編の80%以上を日本やタイなど海外で撮影し、韓国ノワールとしてかつてないほどの規模で製作された本作は、『チェイサー』『哀しき獣』などで類まれなるストーリーテリングの腕を知らしめたホン・ウォンチャンが脚本/監督を務めた。また『パラサイト 半地下の家族』『哭声/コクソン』 のホン・ギョンピョ撮影監督により、主演二人の対決がスクリーンに激しくかつ美しく描き出されている。主人公インナム役は、韓国が誇る名優ファン・ジョンミン。インナムの命を執拗に狙うレイ役は、現在Netflixで配信されている「イカゲーム」で話題沸騰中のイ・ジョンジェが演じる。新型コロナウイルス大流行後の韓国で、あの『新感染 ファイナル・エクスプレス』の続編『新感染半島 ファイナル・ステージ』をも超える動員を果たし大ヒットを記録。世界56カ国で公開も決定している韓国ノワール・アクションの傑作が12月24日(金)に日本公開。

sub③DUE_STI-PRE-05.jpg

韓国ノワール・アクションの歴史に新たなページを刻む本作から、昭和風の任侠コメントチラシが公開された。公開されたビジュアルは、全体的にインナム(ファン・ジョンミン)とレイ(イ・ジョンジェ)の狂気が燃え滾っているような様子で、本作に出演している豊原功補や白竜の姿も。さらにキーパーソンとなるユイ(パク・ジョンミン)に加え、インナムの元恋人や娘もコラージュされている。上部に入った「二人の狂気の激突は、東京、仁川、バンコクを阿鼻叫喚の戦場と化す!」というキャッチ―や、タイトルロゴのフォントからはどことなく昭和の任侠映画を感じる。

また、公開に先駆け、本作をいち早く鑑賞した日本のアウトローたちから大絶賛のコメントが到着した!小沢仁志や山口祥行、大沢樹生など日本を代表する強面俳優や、悪役俳優ユニット“純悪”として人気を集める阿部亮平と山根和馬、女装パフォーマーのブルボンヌなど錚々たる面々。こちらの昭和風の任侠コメントチラシは12/1(水)より順次劇場に設置されるため、見かけたら是非手に取っていただきたい。

mihon_tada_come_omote.jpgmihon_tada_come_ura.jpg

◆小沢仁志(俳優)

男は死に様でモノを語る 理屈じゃねぇ

とにかく観な! 何の答えか分からんが真実はそこにある

◆本宮泰風(俳優)

”美しき狂気と哀しき暴力”そして”無機質な激情と無慈悲な報復”

その全ての悪が交錯した時、一欠片の愛が救われる。

◆山口祥行(俳優)

ただただ圧巻!オヤジ2人のバチバチのバイオレンスが凄まじい。情に気付いて突っ走るオヤジも、復讐に走るゴリゴリのオヤジも。どっちも好きだなぁ。俺は、この映画にビビらせられた。

◆大沢樹生(俳優・歌手・映画監督)

マジ良い映画だった!先ずはタイトルに惚れた。目を背けたくなるテーマだが背けてはならない映画である。同業として嫉妬する映画だ!! 個人的に大好きなバンコクロケーションは華がある。

◆田口トモロヲ(俳優、ナレーター)

最強の暗殺者vs最悪の人殺し。コノ使い古された設定に新たな生命を吹込みアップデートしたネオ韓流ノワールの怪作!出てるぜ白竜さん

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ