30代夫婦の殺害事件が発生 衝突くり返した隣人らの犯行か

しらべぇ




隣人と折り合いが悪く、警察が介入するほどの関係悪化に困っていた夫妻。そのトラブルがエスカレートし、殺人事件に発展した可能性があることを、『The Sun』などイギリスのメディアが報じた。

■ある夫婦の苦悩


イギリスで暮らしていたスティーヴン・チャップルさん(36)と妻ジェニファーさん(33)には、少し前から大きな悩みがあった。隣に暮らす男2名(34, 67)と折り合いが悪く、たびたび激しい衝突をくり返していたのだ。

この男2名には血縁があり、そろって気性が荒く態度も悪かったとのこと。ジェニファーさんが「クソ女」「デブ」などとののしられることもあったため、警察が介入したことも何度かあったという。

関連記事:ゲームでレベル達成ならず「ムシャクシャした」 隣人皆殺しの男に実刑判決

■駐車スペースをめぐり激突


夫妻と男2名は、車の駐車スペースをめぐってさらにもめるように。車があるため互いに譲り合うことができず、ひどい口論になることもしばしばだった。

しかし若い夫妻には守るべき小さい子供が2人いることもあり、粗暴で口の悪い男たちの扱いにはとても困っていたという。

■子供もいる家で殺人事件が…


そんな中、先日には夫妻の自宅で悲鳴があがった。通報を受けた救急隊が午後9時45分に現場に到着すると、夫妻は襲われたとみられ重傷を負っていた。隊員たちは必死に蘇生を試みたが、すでに手遅れだったという。

2階の寝室で寝ており無事だった2人の子供は、当局が保護し世話をしているが、ひどいショックを受けていると伝えられた。

また警察はその後、夫妻ともめていた男2名の身柄を確保。夫妻を襲って殺害した可能性があるとみて調べを進めているが、まだ彼らの犯行であると断定はしておらず、周辺で暮らす人々からは「不安でたまらない」という声が上がっている。

■ご近所トラブルの経験は?


しらべぇ編集部が全国10~60代の男女1,789名を対象に調査したところ、全体の15.4%が「ご近所トラブルに巻き込まれた経験がある」と回答した。



近隣住民とうまくやっていければ何よりだが、それが難しいケースもある。「近所トラブル 相談窓口」で検索すれば、警察の相談受付窓口なども調べることができる。問題が深刻になる前に、まず相談してみることをお勧めしたい。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ