「考えすぎだよ!」男性が女性に求めすぎてしまうこととは

ハウコレ



多くの男性は女性に「こうであってほしい」という理想像があります。

男性にはないものを女性に求めているのかもしれません。または、男性が自分と同じものを女性に求めていることもありそうですね。

しかし現実には「これは求めすぎかも」と思うような場合があります。

今回は、つい男性が女性に求めすぎてしまうことをまとめてみました。

■いつでも優しくいてほしい
男性は女性に癒しを求めていることが多いようです。

外で神経を張り詰めて仕事をしていたり、ハードな生活をしていたりする男性は、女性の温かな雰囲気に癒されることがよくあるとのこと。

そのため、女性に対して「いつでも優しくいてほしい」と求めてしまいがちです。

しかし、女性も仕事をしていたり悩みがあったりして「いつでも」というのは難しいこともあります。

無理をしていると疲れてしまうこともあるでしょう。女性も男性と同じように「癒されたい」と思うこともあるはずです。

いつでも優しくいるということはなかなか難しいことかもしれないと、男性に理解してもらえたら嬉しいですよね。

■気持ちを察してほしい
気持ちを察してほしいという思いが多くの男性にはあります。

忙しい。連絡ができない。連絡が面倒。ゆっくりしたい。

たいていは、マイナスな感情のときのようです。

これを察してそっとしておいてほしい。自分に合わせてほしい。このように思うようです。

しかし実際に「察する」というのはとても難しいことです。

いくら女性が気にかけても、男性の思う通りにはできないことが多いです。

自分の気持ちや考えは、きちんと言葉にしないと正確に相手には伝わりません。

言葉で伝えずに気持ちを察することを求めるのは、少し求めすぎだと言えるでしょう。

■自分のスタイルに合わせてほしい
生活リズムや生活スタイルは、自分が育ってきた環境や仕事の種類などにより、人によって違いがあります。

その差が小さければいいのですが、あまりに大きいと合わせることが難しくなります。

男性が自分と同じ生活スタイルを女性に求めたとき、女性が無理をして合わせるようなら「求めすぎ」だと言えるでしょう。

しかし、男性はこのような状況に気づかないこともよくあるようです。

■家事能力の高さ
ついつい求めてしまうことに「家事能力」があります。

料理、掃除、片付け。

人には得意なこともあれば苦手なこともあります。男性女性関係なく、家事が得意な人もいればそうでない人もいるのです。

ところが、多くの男性はどこかで「女性は家事能力をきちんと持っていてほしい」という理想を持っているのです。

無意識に求めていることもあるようですよ。

いかがでしたか?男性はこの内容にドキッとしたかもしれませんね。

相手に理想を持つことは、そのことに意識ができるようになるので成長につながるというメリットがあります。

しかし、相手に求めすぎるのはトラブルにもつながりやすくなるので注意が必要ですね。

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ