「つい見栄を張ってしまう…」 自然体で生きるために意識したいこと

fumumu

後悔する女性(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
嘘はつきたくないのに、つい自分をよく見せるために見栄を張ってしまう。そんなお悩みを抱えている人は少なくないようです。

不本意な言葉が口からポロポロとこぼれてしまうのは、なにより自分自身が苦しいですよね。自然体で生きるために意識したいことを、fumumu取材班が聞いてきました。

(1)比較を口に出さない


「見栄を張ってしまうと悩んでいる人は、人と人を比較することが癖になっているんだと思います。自分と他人を比べたり、他人と他人を比べたり。頭の中で考えることは簡単にコントロールできないから、まずは比較したことを口に出さないように意識するといいですよ。

本人が気づいているかはわからないけど、なにかを比べがちな人って、すぐにそれを口にするんです。仕事だったら『〇〇さんは周りと比べて仕事ができる』とか、芸能人同士を比べて『〇〇のほうがかわいいよね』とか。自分のことだったら『私より〇〇さんのほうが能力がある』と周りと自分を比べながら謙遜したり。

言葉にするとその考え方が習慣になって、なかなかやめられなくなりますよ。比較することが少なくなれば、周りと自分を比較して見栄を張ることも我慢できるんじゃないでしょうか」(30代・女性)

関連記事:「また見栄張っちゃった…」 自分を誇張せずに自然体で過ごすには?

(2)人を褒めてみる


「私も自分の話を盛ることが癖になりつつあったんですけど、周りの人を素直に褒めるようにしてから、そのままの自分以上によく見せようとあまり思わなくなりました。

人を褒められなかった時期って、相手を認めることで、自分が相手より下になると感じていたんです。でも、相手を認めないことで、自分が上にいけるわけではないんですよね。むしろ相手を認めない姿勢を周りの人に見られることで、きっと余裕のない人だと思われていたんだろうなと…。

すごいと思ったときは素直に口に出すことで、意地を張っていた気持ちもほぐれていく気がしました。別に張り合わなくてもいいやと思えたのが、相手を褒めることでの一番のメリットだったかもしれないです」(20代・女性)

(3)自分を出せる相手か?


「あまり親しくない人に見栄を張るのは、別に悪いことではないんじゃないでしょうか。こちらの言動によっては、あからさまに下に見て馬鹿にしてきたり、ないがしろに扱ってくる人もいますから。

自分を守るために多少の見栄を張るのは、自己防衛のひとつだと思います。すべての人に自然体の自分を見せようとすると、なにかを取り繕ったときに罪悪感が出てきてしまうから。

この人には本心を出すか? それとも見栄を張って自分を守るか? の線引きさえ自分が納得してできているなら、それでいいと思いますよ」(30代・女性)

「比較」が一度癖になると、なにかを比べてしか物事を見られなくなりがちです。

比べそうになったときは、まったく違う話題に意識を逸らす・比べずにその人だけの魅力を探すなど、どうにか頭の中を切り替えていきましょう!

・合わせて読みたい→無理に飾らない自分でいたい! 自然体で日々を過ごすために意識したいこと

(文/fumumu編集部・nana)

当記事はfumumuの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ