お腹の“横側の贅肉”に効く。1日1分【お腹のくびれを育む】簡単ストレッチ

beauty news tokyo


お腹周りのシルエットは体のラインを拾わないオーバーサイズのトップスなどで多少はカバーできますが、太見えの原因となるお腹の“横側の贅肉”はなかなか落としづらいもの。そんなお腹の“横側の贅肉”にお悩みの方こそ習慣に採り入れたいのが、「広背筋」にアプローチする簡単ストレッチです。

広背筋ストレッチ


“座ったまま”できるこのストレッチは横っ腹および背中の横側の筋肉の両方にアプローチ。お腹の引き締め効果を実感できます。また、「上腕三頭筋」にも効くので二の腕の引き締めが叶うのも魅力です。

(1)床の上にあぐらをかいて座り、右手を床に着いて左腕を天井方向に伸ばして、右ひじを曲げながら、左ひざを支点に上半身を右へ倒す



(2)倒しきったところ(右腕のひじから下が床に着いたところ)でゆっくり呼吸しながら20秒間キープする



▲体を倒した時に上方に伸ばした腕を脇から離すイメージで曲げると、二の腕と脇腹により伸びを感じられます

終わったら腕を変えて反対側も同様に行います。なお、期待する効果をきちんと得るためには「キープ時にお尻を浮かさないこと」がポイントです。

シンプルなストレッチ法ですが、続けるほどにお腹の横側と二の腕周りの筋肉の柔軟性が増して動きも良くなり、引き締め効果を実感できるはず。細見えするお腹を手に入れるためにも、ぜひ習慣化してみてくださいね。<ストレッチ監修:コシバフウタ(トレーナー歴3年)>

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ