キンプリ永瀬廉『ベストジーニスト』初受賞「幸せな気持ち」 メンバーの反応明かす

dwango.jp news


King & Prince永瀬廉が25日、最もジーンズが似合う著名人に贈られる「第38回ベストジーニスト2021」を受賞し、都内で行われた授賞式に出席した。

ジーンズが好きで同賞は「高校生の頃からいつかとらせてもらえたらと言っていた賞」という永瀬は「何年か越しの夢が叶って幸せな気持ちでいっぱい。人生で嬉しい瞬間です。めちゃくちゃ嬉しい」と大喜び。一般投票からの選出とあって「ファンの方が協力してくれて、すべてが上手くいって受賞できた」と感謝し、「栄誉ある賞なので恥じぬようにデニムを愛し続けたい」と語った。

これまで、ジャニーズ事務所では木村拓哉、亀梨和也、相葉雅紀、藤ヶ谷太輔、中島裕翔が3回受賞して“永久ベストジーニスト”として殿堂入りを果たしている。永瀬は「受賞した先輩たちを調べたら僕でよかったのかって。そうそうたるメンバー」と恐縮しつつも、「野望ですが僕も殿堂入りしたい。顔のほうを(国宝級イケメンとして)殿堂入りさせてもらったので、ジーニストでも殿堂入りを目指したい。殿堂入りアイドルとしてデニムを着続けて、この賞をとったことをたくさんの方が納得できるようにしたい。来年も再来年も(受賞を)目指したい」と3年連続受賞に意欲をみせた。



受賞の喜びはメンバーにも伝えたようで、「さっそく報告しましたけど、メンバーもなかなか素直じゃない。(高橋)海人なんて『また廉をネットニュースで見るじゃん』って言われた。おめでとうの前に」とぼやき。最後は「まぁ、これも僕たちの愛の形なんですけど。もしネットニュースになったらスクリーンショットを海人に送りたいと思います」と笑っていた。

この日のファッションはカーキのアウターに、ややワイドなジーンズを合わせたコーディネート。

永瀬は「ちょっとゆるいけどキレイに履ける。目上の方との食事でも着られる。どんな状況でも履けるデニム」とポイントを紹介した。ファッションの勉強は「僕の場合は先輩の服装を見て、いいのがあればしれっと盗む手法をとっている」と明かし、「藤ヶ谷(太輔)さんのような男らしい着方に憧れている。機会があればファッションについて相談したい」と語った。

「一般選出部門」はランダムで選ばれた10~50代までの2000人に「最もジーンズが似合う人」をヒアリングし、ノミネート者を決定。その後、ノミネート者の一般投票が行われ、受賞者が決定した。なお、嵐の松本潤は同賞にノミネートされたが辞退の申し出があったという。永瀬のほか、「一般選出部門」に女優の新木優子、「協議会選出部門」にタレントの東野幸治、声優の林原めぐみ、スケートボードの堀米雄斗選手がそれぞれ選ばれた。

■下記、殿堂入りした永久ベストジーニスト一覧

木村拓哉…1998年に殿堂入り
草なぎ剛…2003年に殿堂入り
浜崎あゆみ…2005年に殿堂入り
亀梨和也…2010年に殿堂入り
倖田來未…2010年に殿堂入り
相葉雅紀…2013年に殿堂入り
ローラ…2015年に殿堂入り
藤ヶ谷太輔…2016年に殿堂入り
菜々緒…2018年に殿堂入り
中島裕翔…2019年に殿堂入り

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ