おいしくなってリニューアル! 海鮮の旨味がギュッと詰まった『旨味追求 北海たこせんべい』のおいしさの秘訣を探ってみた!



スギ製菓の人気菓子『旨味追求 北海たこせんべい』が、いかの旨味をプラスしておいしくなってリニューアル! 素材・製法・食感にこだわる究極の1枚に仕上げたせんべいの登場だ。創業当時から続く秘伝のタレも見逃せない。そのおいしさの秘密はどこにあるのか、じっくり探りながらおためししてみよう。

■スギの木マークはスギ製菓のオリジナル商品

全国の観光土産店・専門店のオリジナルせんべいなどの販売製造を手掛けているスギ製菓株式会社(愛知県碧南市)。1970年創業以来、愛知県西三河中心に製造工場直売所なども展開する菓子メーカーだ。

独自の技術を活かした同社のオリジナル商品は、「えびせん」など種類もさまざま。その中でも人気商品である「たこせんべい」がリニューアルしたそうだ。

『旨味追求 北海たこせんべい』

『旨味追求 北海たこせんべい』(内容量 120g・希望小売価格 税込298円・発売中)は、「手焼き心 たこせん」が大容量タイプになった海鮮せんべい。素材から製造までトコトンこだわるおせんべいを、思い存分食べることができる。新しいおいしさの秘密は、3つのこだわりに隠れているとか。



1つ目は、厳選素材! 北海道産のたこと、旨味が強く深い磯の香りをもつ同じく北海道産の日高昆布を使用。さらに、ダシの王道である鰹節を加えることで最大限の旨味を引き出している。

2つ目は、独自製法! たこやいかがたっぷり練り込まれた生地を、独自の製法で焼き上げることで旨味が凝縮。 海産物の配合比率が高く、重量比1枚あたりたこが10%、いかは8%と海鮮の風味もたっぷり。

3つ目は、パリッと食感! 堅めに焼き上げられたせんべいは、噛むたびに海鮮の旨味が広がる。



そして、「三河みりん」と「白醤油」を使用した蔵人伝承の「みよしダレ」で仕上げ、至極の1枚が完成するというわけだ。

今回のリニューアルにともない、賞味期限も90日だったのが120日に延長。そして、海鮮の旨味をたっぷり味わってほしいと、120gのお得用サイズに。保存に便利なチャック付き袋もうれしいポイントだ。

■『旨味追求 北海たこせんべい』をためしてみよう

せんべいに目のない記者、さっそく開封し中身をチェック。



無選別品のため少し割れや、大きさにバラつきがあるみたい。器に移しせんべいを1枚選んで計ってみると、直径は約7㎝、重さは約7g。かなり厚みがあり、持ってみると重みを感じる。



生地には、国産のたこの身が所々にお目見え。しっかりとプレスされていても判別できるのは、たこの配合比率の高さゆえだろう。

たこの身がたっぷり

そのままひと口食べてみると、パリッ! と歯ごたえある堅い食感。少しずつ噛んでいくと、じわじわと昆布やかつおのコク、追うように魚介の旨味が口の中に溢れ出してくる。たこやいかの味がおせんべいでこんなに続くなんて、ちょっとびっくり…

今度は味変にチャレンジ!



おうちにあるソースをせんべいにかけて…



さらに、マヨネーズをかければ…

これは鉄板のおいしさ!

もうこれはお酒のアテ…飲むしかない 。海鮮の深い味に絡むソース&マヨが最高! これは手が止まらない、どんどん食べてしまう。

■味わい方も自由自在

ほかにも、何か味変できないかと試してみたのが、クリームチーズとバジルドレッシング。海鮮とクリーミーなコク、ハーブの香りがイイ相性だった。たっぷりサイズが、いつの間にか残り数枚に… 。このおいしさ、本当にクセになる… というか、もうクセになっている記者。

食べ方は自由自在!

なお、食感は堅めなのでパリッ! と噛むとちょっと負荷がかかることも。歯が気になる人はあらかじめ小さめに割って食べると、おいしく味わえると思う。

海鮮の旨味は、子どものおやつにもぴったり! おやつやおつまみと、家族皆でシェアしたり、ミニギフトにもおすすめ!『旨味追求 北海たこせんべい』のこだわりの味を堪能してみて。

全国の量販店や公式サイト えびせん家族ネット通販にて販売。

当記事はおためし新商品ナビの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ