【11月26日公開】ディズニー・ミュージカル最新作『ミラベルと魔法だらけの家』公開記念スペシャルイベント開催


22日(月)、ディズニー・ミュージカル最新作『ミラベルと魔法だらけの家』の公開記念スペシャルイベントが都内で開催され、日本版声優を務めた斎藤瑠希さん、ゆめっち(3時のヒロイン)さん、平野綾さんが登壇。それぞれが演じたキャラクターをイメージした衣装を身にまとい、華々しく登場した3人が本作へ込めた熱い想いを語りました!

ディズニー・アニメーション・スタジオがこの冬贈る最新作『ミラベルと魔法だらけの家』は、“魔法”にあふれる世界に暮らす新ヒロイン・ミラベルの活躍を描く待望のミュージカル・ファンタジーです。全世界待望の本作の日本公開がいよいよ今週11月26日(金)に迫るなか、『ミラベルと魔法だらけの家』公開記念スペシャルイベントが開催されました!


3人は魔法の力を与えられた不思議な家に暮らすマドリガル家に生まれた3姉妹の声を担当。マドリガル家では5歳の誕生日を迎えると1人1人が特別な個性を持つ<魔法のギフト(才能)>を家からプレゼントされますが、ただ1人魔法のギフトを授からなかったのが、主人公のミラベルです。

ディズニーの新ヒロイン役に大抜擢された斎藤さんは、「とにかく今までの生活から一変して全てのことが180度変わった感覚でした。小さい頃からずっと見ているディズニー作品に関わらせていただいて本当に光栄です!」と決定の喜びを語りました。

ミラベルの魅力について「家族の中で魔法のギフトを唯一授からなかった本当に普通の女の子なんですけど、環境の中で、めげずに自分なりの力で前を切り開いて進んでいく姿が魅力的。私自身も3女の末っ子で本当に共感できる部分がたくさんあったので、きっと全国の末っ子の方たちは共感できると思います!」と自身の育った環境を重ね合わせて魅力を説明してくれました!

そんなミラベルとは違い、才能あふれる姉たちの声優を務めたのが、ゆめっちさんと平野さん。力(パワー)の魔法のギフトを授かり、周囲から頼られる存在の姉・ルイーサ役を射止めたゆめっちさんは、「最初にオーディション合格したと聞いたときは“え、どっきり?”と思ってめちゃくちゃカメラを探したんですよ。この間試写会で実際に完成を観たときにやっと、これ私の声だってなって実感できました」と振り返りました。

またルイーサの魅力を「すごく力持ちで街のひとたちに頼りにされている。でも意外と精神は弱いというか、ちょっと強く見えるけど内心弱い部分があるんですよね。私も結構毎日ハッピーって感じなんですけど、実は意外と精神的には弱いのかなって思うところがあるので共感できます」と話しました。

そして、花を咲かせる魔法のギフトを授かった完璧な姉・イサベラ役を務めた平野さんは、「未だにまだ信じられない。もう本当にずっと夢で。女子は誰しも子供の頃ディズニーヒロインになりたいっていう想いがあると思うんですけど、私は声優を初めて20年経って、ようやく夢が叶いました!」とディズニー作品への初参加を果たした心境を語りました。

またイサベラについては、「彼女が出てくるととにかく場が華やかになるというか、誰しもが笑顔になれるような魔法を持っているんですけど、一見完璧そうに見えて実は…という(展開)があって。ものすごく、等身大の女の子の悩みだったりとか、共感できるようなものを持っている子」と熱を込め、さらには、「実はイサベラとほくろが同じ位置にあるんです!」とイサベラに運命を感じていたことも明かしていました。


ここで本作の音楽を手掛けたリン・マニュエル=ミランダからビデオメッセージが到着!3人の担当した楽曲をリン自ら聞き感想を届けてくれるという思わぬサプライズに3人は大興奮!リンの魅力について熱く語っていたばかりの平野さんは、「ちょっと今泣きそうなんです」と涙ぐみ、「(リンに)名前呼んでもらえた!と思って。しかも曲を聞いてくださって感想をいただけて、夢叶ったし伝わったと思ってまだ震えているんですけど…本当に嬉しい」と感激の様子。

ゆめっちさんもまた、「命を授けてくれた、ってご本人に言われるとは。3姉妹を務められて本当に良かったです。届いたんですね」、斎藤さんも、「名前を呼んでいただけただけで泣いてしまったんですけど、ミラベルに選んでいただけて、メッセージをいただけて、貴重な経験をさせていただけて、本当にありがとうございますという言葉しか出てこない」とそれぞれに喜びを語りました。

また斎藤さんは、普段は前向きで明るいミラベルが心に抱える葛藤を明らかにする重要なメイン楽曲「奇跡を夢みて」を生歌唱。大勢の前での初パフォーマンスを終え、膝が震えるほど緊張したと話す斎藤さんは、「この場に立っていること自体が本当に夢のよう。ミラベルの感情をしっかり表現してお客様に届けられたら嬉しいです」と感想を語りました。

イベントの最後、3人は改めて、「世界中が大変な状況の中、どうしても人との繋がりが絶たれてしまったり、自分自身が孤立してしまうことって多いと思うんですけど、この作品を通して、やっぱりその繋がりって大事にしなきゃいけないんだというメッセージを強く感じました。観終わった後は、たぶん身近な人をもっと大切に愛しく思いたいなって思っていただけると思うので、ぜひこの作品を観て心動かされたらいいなと思います」(平野さん)

「大変な世の中で、私は1人なんじゃないか、私なんて、と人と比べて何もできないと思っている方がいたら、これを観てほしい。すごく前向きな気持ちになれるし、決して1人じゃないし、人と比べる必要もない、1人1人が特別な存在なんだと感じてもらえたらと思います」(ゆめっちさん)

「この作品の主人公はミラベルだけど、家族全員にスポットがあたっていて、どの角度から観ても共感できるような作品になっています。是非何回も作品を観ていただいて、いろんなキャラクターの気持ちになっていただけたらと思います」(斎藤さん)

と作品をアピールしてくれました。3人が命を吹き込んだ、ディズニー長編アニメーション60作品目を飾る新たな一作、まもなく公開です!

(C) 2021 Disney. All Rights Reserved.
11月26日(金)公開

(取材・撮影・執筆/takashi.tokita_tokyo)

WRITER

  • takashi.tokita_tokyo
  •        

  • 「映画生活(現ぴあ映画生活)」初代編集長を経てフリーに。映画とディズニー(主にパーク関連)をメインによく取材しているが、パリとクルーズが未体験なことはナイショです。また、ディズニー好きが集まって、あることないことを語り尽くす無害なポッドキャスト「田組fm」が、SpotifyやApple Podcastなどで配信中。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ