すぐ怒る彼女から卒業しよう! 自分を鎮める方法4選

fumumu

イライラ・怒る・不満(maruco/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
今回は、怒りやすい女性は必見。どうしたら彼の前でニコニコの癒やし系彼女になれるのでしょうか。

画像をもっと見る

■「怒りやすいタイプ」は4割


まずは、全国の10~60代の男女1,844名を対象に、fumumu編集部に調べてもらいました。

すると…全体の38.7%が「怒りやすいタイプだ」と回答しています。



関連記事:人に怒るのが苦痛! どうやって怒りを伝えればいいの?

■女性のほうが「怒りやすい」


男女別で見てみると…60代以外は、女性のほうが怒りやすいという結果になりました。

やはり…と思うの私だけですか? 女性という生き物は、どうしてもイライラしがちですもんね。



■怒りやすい女性の特徴


そこで、「女の子の日」という理由以外で、怒りやすい女性の特徴を調べてみました。

(1)優位な立場に立てないと嫌な女性

悪気はないけれど、こういう女性っていますよね。自分では気づいていない人が多いので、相手にイラッとしたときに、一度冷静になって考えてみてください。

(2)プライドが高い

これはきっと自分で分かると思います。そのプライドがなくなれば、もっとモテること間違いなしなのですが…。

(3)自分が正解だと思っている

ケンカしても絶対自分の意見を曲げない人は、相手の意見に納得できず怒りが爆発しがち。自分以外も信用できるようになれば。、イライラしなくなりそう。

(4)心から信用していない

「全然連絡がないから浮気だ」とイライラしたり、「付き合った頃と違う! もっと愛して」なんて思う人は、心から相手を信用していません。彼を信用していたら、イライラもしないはず。

身に覚えがある人もいるんじゃないでしょうか。私も「気をつけないと」と思いながら、書いています。

■怒りを抑える簡単方法


イライラしたら、その場で抑えるのが重要。簡単に怒りを抑える方法をまとめてみました。

(1)思っていることをすぐ言わない

会っているときだけではなく、LINEなどでも言えることですが、イラッとした瞬間に思っていることを言いたくなると思っても、いったん我慢です。

1分我慢するだけでも、あとになって「あのとき感情のまま発言しなくてよかった~」と、必ず思うはずです。

(2)期待をしない

相手に期待をしてしまうから、イライラするんです。

私も若いときは「今日は誕生日、何してもらえるのかな? ワクワク!」「え? なにこれ?」みたいな感じで、期待外れなことにイライラしていました(笑)。

無償の愛でなければ、本当の好きではないと、やっと気づけました。

(3)深呼吸をする

めちゃくちゃ簡単な方法はこれです。頭に血がのぼっているので、いったん他に回しましょう。落ち着くはずです。

(4)温かい飲み物を飲む

ほっと一息つくだけで、全然違います。さっきまでの怒りが嘘のように鎮まります。

怒りも、奥深い。

・合わせて読みたい→上から目線になってない? 相手を見下している人の特徴

(文/タレント・中村 愛)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年9月18日~2020年9月23日
対象:全国10代~60代の男女1,844名(有効回答数)

当記事はfumumuの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ