ローソン、環境に配慮した 「紙パック入りミネラルウォーター」を発売へ

しらべぇ




ローソンは11月30日より、関東・中部地区の一部ローソンおよびナチュラルローソン約6,400店にて、紙パック入りのミネラルウォーターを発売する。

■紙パック入りミネラルウォーターを発売


同社は、グループ理念「私たちは“みんなと暮らすマチ”を幸せにします。」のもと、「3つの約束=圧倒的な美味しさ、人への優しさ、地球(マチ)への優しさ」の実現に向けた商品開発に挑戦してきた。



今回はペットボトルではなく、国内コンビニエンスストアのプライベートブランドでは初めてとなる紙パック入りのミネラルウォーター『ローソンオリジナル 天然水 330ml』(140円)を発売する。

関連記事:ローソン、焼き鳥がワンコインで買えるよう価格改定 2本セットの販売も

■キャップ付きで持ち運びやすい


『ローソンオリジナル 天然水 330ml』は、佐賀県鹿島市浜町で採水した硬度190mg/Lの中軟水で飲みやすいミネラルウォーターとなっている。

330mlの手頃なサイズとキャップ付き容器で持ち運びのしやすさが特徴。アルミ付き紙容器を使用しているため長期常温保存が可能であり、防災用など家庭でのストックとしても利用可能だ。

■プラスチック使用量が約56%削減


同商品は、同容量のペットボトルと比較してプラスチック使用量が約56%削減されており、二酸化炭素排出量削減にもつながっている。また、包材原料にはFSC認証を受けた管理された森林の木材を使用しているとのこと。

2021年12月中に同社本社で来客用に提供するペットボトルの水を全て本商品に変更し、プラスチックの削減を図っていくという。

■1本につき1円の寄付


『ローソンオリジナル 天然水 330ml』は、商品企画・パッケージデザインはクリエイティブパートナーである佐藤オオキ氏率いるデザインオフィス「nendo」が協力。紙パックナチュラルウォーターを製造する「株式会社ハバリーズ」と共同で商品開発をした。

また、同商品1本につき1円が、株式会社ハバリーズより「ローソン緑の募金」を通じて公益社団法人国土緑化推進機構に寄付される。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ