20歳の自閉症アーティスト・GAKUのギャラリーが高津にオープン!

Rooftop


unnamed-6.jpg

20歳の自閉症アーティストGAKUは、 創作活動の本格化に向け、 ギャラリーをオープン。 それに先駆け、 マスコミ向けのプレ・オープンツアーを12月7日(火)に開催。

自閉症アーティストとしてSGDsアートの最前線で活躍するGAKU。 重度の自閉症・知的障害を持ち、 言語能力は幼稚程度。 そんなGAKUが16歳の時に奇跡の扉を自ら開く。 遠足の時に岡本太郎の絵に出会った翌日から突然絵を描きはじめ、 今では年間200以上の作品を生み出すまでになった。 アーティストとして活動を始めてから、 僅か4年の間に、 国内各所で個展を開催しNYでの個展も成功させた。 NY発のアパレルブランド『Le Sportsac』からも作品とのコラボレーションの話がでるなど、 数々の偉業を成し遂げてきたGAKU。 先日、 クラウドファンディングで実施した自身初の画集プロジェクトでは、 1,200万円を達成。 (目標金額:250万円)

unnamed-7.jpg

そしてGAKUは、 20歳を節目に、 「自閉症であっても、 経済的な自立を目指す」べく、 次のステップに踏み出す。 創作活動の本格化に向け、 20歳の誕生日に社団法人byGAKUを設立し、 ギャラリーを高津(神奈川県川崎市)にオープン。 自閉症であるGAKUが成し遂げることは、 障害の有無に関わらず、 「全ての人の可能性」に新たな光を与えてくれるだろう。GAKUの近況報告はこちらをチェック。

byGAKU ギャラリー
unnamed-5.jpg

■アクセス:神奈川県川崎市高津区溝口4-1-17 SKD高津駅前ビル1-2F

(東急田園都市線 高津駅 西口の改札を右に出たドトールの上です)

■入廊料金:3,000円/1人

※GAKUと写真撮影、 サイン付。 完全予約制、 HPよりお申し込みください。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ