パンサー尾形『水曜日のダウンタウン』ドッキリで“想定外”の展開 「こんなに感動するとは…」の声

クランクイン!

 お笑いトリオ、パンサーの尾形貴弘が、24日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系/毎週水曜22時)に出演。ドッキリで落とされた深い穴からはい上がろうとする尾形のひたむきな姿が、視聴者の感動を呼んでいる。

今回の放送では「落とし穴に落ちたのに一向にネタばらしが来ないまま日が暮れたら正気じゃいられない説」を検証。お笑い芸人が、自力でははい上がれない深さ3.3mの落とし穴の中に落とされた後、「もしかして置き去りにされたのでは…」という恐怖の中でどんな反応をするのかを検証する。落とし穴は、貸し切ったキャンプ場の最深部にある人気のない場所に設置。尾形のほか、コロコロチキチキペッパーズのナダル、チャンス大城、蛙亭・中野周平、ニッポンの社長・ケツの5人を、それぞれ別日にお笑い芸人30人が参加するという設定の偽の宝探し番組と称して呼び出し、検証した。

落とし穴に落とされて驚いた5人だったが、ネタばらしのスタッフが待てど暮せどやってこないことに、次第に怒りを募らせていく。そんな中、穴の外から聞こえてくる「脱落者は現地解散」という旨のアナウンス。もしかしてスタッフに取り残されたのではないか、という不安が徐々に募っていく。

尾形も不安になり始めたのか、「スタッフさーん、ここにいますよー! パンサー尾形でーす!」と上に向かって絶叫で呼びかけ始める。さらに穴の中には、約11年前のテレビ番組の企画書のダミーが置かれており、「11年前の番組がロケ後に埋め忘れた落とし穴」という可能性が参加者らの脳裏に刷り込まれ、ますます恐怖が募っていく。

ナダルを除き、参加者はこのあたりで取り残されたのだと確信し、自力で脱出を試みるものの、緩衝材のために緩い足場、油を塗られた3.3mの深い穴のため脱出はなかなか上手くいかない。ほかの参加者が自力の脱出を諦める中、尾形だけは「登ってやるわ…じゃあ」と諦めない。

まずは、衣装として着ていたジャージ上下を結んでひも状にし、通路脇にかかるロープに引っ掛ける作戦。ところが、ジャージを投げる瞬間に両手を離してしまい、ジャージは穴の外へ。尾形は残る全ての衣服とヘルメットを結びあわせ、より長い紐を作り、全裸になって脱出に再チャレンジ。それでも上手くいかなかったが、挑戦し続けること2時間。幸運にもロープがかかっていた杭から外れて尾形のもとに。ロープを足場にして登ろうとするも、それでも上手くいかない尾形。頼みのロープも木から外れてしまい、絶望する。

検証開始から約6時間弱が経過したところで、他の参加者らがネタばらしされて落とし穴から救い出されていく中、尾形については急きょ検証を続行。ヘルメットとロープを結び、ロープよりさらに遠くにあったワイヤーに引っ掛けることに成功した尾形だったが、それでも脱出は上手くいかない。続いて、チャックの金具をマイナスドライバー代わりにして壁からネジを外し、そのネジで防護用のネットを切り裂き、中の発泡スチロールを削ることで足場を作っていく。それでも何度も穴に落ちてしまうも、尾形は「諦めないよ。俺は」と自分に言い聞かせるようにつぶやく。

落下から7時間を超える中、ついに穴から脱出した尾形。カメラを持ったスタッフがやってくると疲労困ぱいの様子で「何してんすか? これ」「何が面白いんですか? 『水曜日のダウンタウン』でしょ? どうせ」と詰問。スタッフは「僕らもまさか登られるとはちょっと想定外だったんですけど…」と心境を明かしていた。尾形は脱出に全身全霊を使っていたようで、「手が痛くてしびれるし、手の感覚ゼロですわ」「メチャクチャきつかった。今までで一番キツかった。もう体力入らないですもん」とこぼしていた。

尾形の何度失敗しても脱出を諦めないひたむきな姿と、番組サイドの予想を大きく超えた結末に、見る者も感動。スタジオのパネラーゲストの夏菜は「すごい軽い気持ちで今日来たんですけど、こんなに感動するとは…」と涙ぐみ、劇団ひとりも「(映画の)『ショーシャンクの空に』を観ている感じ。日本中が尾形から勇気をもらった」、ダウンタウンの松本人志も「(全裸の尾形については)ずっとモザイクなくていいんじゃないかな。こんだけ感動するから」と語っていた。ネット上でも尾形の勇姿には「泣いた」「感動した」といった声があふれていた。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ