買い物するなら年末と年始どっちがお得?


年末年始は、ボーナスや還付金などで収入も増えますが、イベントも多く出費も増えがちです。昨年とは異なり自粛生活もひと段落となり、行動範囲が広がって人と会う回数も増え、消費欲も増えがちです。

年末は歳末セール、年始は新春初売りセールと連続でセールが開催されるため、さらに消費欲が刺激されます。1年頑張った自分へのご褒美や、プレゼントなどを考えるタイミングでもあります。そんな歳末セールと新春初売りセールどちらがお得か疑問に思ったことはありませんか。
年末までに買っておくとよいものとは?

掃除用品と食品はクリスマス前まで、それ以外は年始がおすすめです。掃除用品は、年末の大掃除にあわせて掃除用品のセールがあります。定番で使っている洗剤や掃除用具は買い足しておくとよいでしょう。

食品はクリスマスから年明けしばらくは、高級食材がセールになります。とはいえ高級食材はそもそもの単価が高いので、確実に食費は跳ね上がります。

節約食材の鶏胸肉、豚小間肉、ひき肉は、小分けをして冷凍、にんじん、たまねぎ、じゃがいもなど日持ちがする野菜や、ブロッコリーやインゲンなど自宅で冷凍できる野菜やきのこ類は、それぞれ安売りを狙って冷凍ストックしておくとよいでしょう。
新春初売りセールや福袋が狙い目
衣類

衣類は年明け以降2月の初旬までは冬服が段階的に値引きされるので年明け以降に買うと安く買えます。ただし、割引率が高くなればなるほど売れ残りとも言え、気に入ったデザインやサイズがなくなるため、後悔と妥協をしたくないのであれば、早めに買っておくことをおすすめします。

衣類の福袋は中身が見えるものを買うと失敗が少ないですが、福袋専用に作られているものや、売れ残りの詰合せがほとんどです。気に入らないものは、フリマアプリなどで売る方法もあります。

子ども服のブランドの福袋は人気が高く、ネット予約でも早々に売り切れになるものもあります。その理由は、1点ずつ買うよりも複数枚入っているため、コスパが良いからです。福袋で買う場合は、ワンサイズ上のものを買うと長く着ることができます。
家電

家電はメーカーと仕様にこだわりがなければ、新春初売りセールの数量限定商品や中身が見える福袋で買うと安く買えます。この春に一人暮らしを始める予定があれば、炊飯器や掃除機などがセットになっている福袋もおすすめです。家電は3月の引っ越しシーズンになると高くなるので、買い替え予定があればこのタイミングがいいでしょう。
おすすめ福袋

新春の初売りと言えば福袋を求める長蛇の列が風物詩でしたが、感染症リスクを軽減させ、転売を防止するための策が講じられるようになり、福袋の販売方法も変わりつつあります。百貨店などでは10月から福袋の予約がネットで始まり、人気のものは早々に売り切れます。お店によっては抽選になる福袋もありますので、欲しいお気に入りのショップの福袋の情報は早めにゲットして、予約をすることをおすすめします。

福袋の狙い目は、ブランドのタオルなどの日用雑貨や紅茶やワイン、調味料などの食料品といった日持ちがして普段は安売りをしないブランドのものです。他には飲食店が販売する料金と同額程度の商品券が入っている福袋もお得度が高いですが、期限に気を付けて利用しましょう。
福袋はお得度が高いものも多くありますが、必要以上に買ってムダにしないようにしましょう。

年末年始はイベントやセール、福袋など出費が増えがちです。使える予算を決めて優先順位を考えながら、メリハリのある出費を心掛けることが大切です。

丸山晴美 外国語の専門学校を卒業後、旅行会社、フリーター、会社員、コンビニ店長へと転職。22歳で節約に目覚め、年収が350万円に満たないころ、1年で200万円を貯める。26歳でマンションを購入。2001年に節約アドバイザーとして独立。ファイナンシャルプランナー、消費生活アドバイザーの資格を取得し、お金の管理、運用のアドバイスなどを手掛け、TV、雑誌などで幅広く活躍している この著者の記事一覧はこちら

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ