気遣いの鬼、無神経な天使――一緒にいてパワーを吸われる「疲れる彼氏」とうまくやるには?

yummy!


気遣いの鬼、無神経な天使――一緒にいてパワーを吸われる「疲れる彼氏」とうまくやるには?

性格がいい人が、必ずしも一緒にいて楽な相手ではありません。
例えば、気遣い上手の彼も度を過ぎれば、自分まで彼の気持ちを察して行動しなければいけない相手になりますし、素直で無邪気な彼も、あけすけすぎて無神経に思える相手になることがあります。
付き合った後に、一緒にて疲れることがわかったとしても、良い人で魅力があるだけに、長く付き合って行きたいこともあるでしょう。
その場合に、どのようにうまく付き合っていくことができるでしょうか。経験者から話を伺いました。

目次

1:いつでも別れられる心持ちで付き合う


「私は、しばらくは我慢して様子を見ます。だけどやっぱり疲れる相手なので、『もうすぐ別れるかも』という気持ちで付き合います。そしたら、彼の性格とか気持ちとかを考えた上で、本当に別れるか検討できるので、『疲れる』がそこまで大きなマイナスになっているか、自分自身が把握しやすいです。『疲れる』ということよりも魅力が勝るなら、そのことが些細に思えてストレスも減るのでは? しかし、結婚相手としては難しい気がしますね」(26歳・女性)
「無理だったら離れる」という逃げ道を作っておくと、心に余裕ができるのかもしれません。毎回、「このまま付き合って良いか」見直せるのも良いですね。

2:全てを受け流す



「私が過去に付き合った男性で無神経すぎる元カレがいたことがあります。その時は全て相手が言ったことを受け流していました。無神経な人って悪気がないので直そうにも直せないんです。残念ながら。だから何かを変えようとしても無理なんですよね。それでも付き合いたいなら受け流すしかないんです。いい意味で話半分、過度に期待しないで聞くっていうのが、自分の心を壊さないために必要なことだと思います」(27歳・女性)
相手が言ったことにまともに反応したり、言葉通りに受け止めて本心と異なることに悩んでしまったりすると疲れてしまいます。だから、受け流すしかないのかもしれません。

3:適度に距離をとる


「その『無神経な天使』と付き合っていたことがありますが、四六時中いると疲れるというかイライラします。無神経な人って悪気がないだけに本気で怒りにくいし、余計に厄介なんですよね。その彼と付き合っていた時は、会う頻度を少なくして自分の時間を多く作るようにしていました。プライベートな時間で思いきりストレス発散して心に余裕をつくり、余裕のある心で彼と会う。適度に距離をとることが大切です。お互いに1人の時間を満喫し、息抜き的に会う関係がちょうど良いかもしれません」(31歳・女性)
自分の時間を作ってストレス発散すると、彼に当たってしまうリスクを下げられます。受け流すのもそうですが、彼と一線を引いて距離感を保つのが、消耗を避けることにつながるかもしれません。
まとめ
彼と近すぎる関係性の場合に、疲れが増長してしまいがち。もし付き合い続けたいと思うなら、他のカップルとは違った距離感を模索してみても良いかもしれません。
(神崎なつめ/ライター)

当記事はyummy!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ