【クオリティ高い】映画『アラジン』実写も愛されるワケ

Oh!My!ムービー

『アラジン』は2019年に公開されたアメリカのミュージカル・ファンタジー映画です。国や世代を超えて愛され続ける大人気ディズニーアニメ『アラジン』の実写リメイク作品。

惹かれ合う2人

アグラバーの町で相棒の猿アブーと一緒に暮らす貧しくも心優しいアラジン(メナ・マスード)。いつも市場では盗みを繰り返していました。ある日、王女ジャスミン(ナオミ・スコット)は侍女の変装をしてアグラバーの町に出ます。そこで偶然ジャスミンを助けたのがアラジンでした。2人はお互いの夢を語り、特別なものを感じます。しかし、その後アブーがジャスミンの腕輪を盗んでしまいアラジンは信用を失くします。腕輪を返すために、アラジンは王宮に忍び込み再会する2人。次第に惹かれ合う2人には様々な試練が待っていました。魔法のランプから現れたジニー(ウィル・スミス)が恋の手助けをしてくれます。アニメと同じく、3つの願い事を叶えてくれます。

クオリティが期待以上!

主題歌の「ホール・ニュー・ワールド」は誰もが1度は聞いたことがあると思います。ディズニーアニメで元々好きな作品ですが、実写化を観てさらに好きになりました。期待を裏切らないクオリティで、リメイク部分のストーリーも最高でした。名場面のアラジンとジャスミンが魔法のじゅうたんに乗って空を飛び回るシーンは、夢の世界のように美しかったです。
全体的に衣装や舞台が豪華で煌びやかで王女ジャスミンは、綺麗だけではなく自分の考えを主張できる自立した女性で素敵でした。
ウィル・スミスのランプの魔人ジーニー役はまさにハマり役で、アニメからそのまま飛び出してきたような存在感でした。コミカルで面白くてカッコ良かったです。
ディズニー好きはもちろん、ミュージカルが好きな人にもオススメの映画です。

【公開】
2019年
【キャスト・スタッフ】
監督:ガイ・リッチー
脚本:ジョン・オーガスト
出演:ウィル・スミス
   メナ・マスード
   ナオミ・スコット

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ