“恥ずかしいからカーテン閉めて” 元宝塚・咲妃みゆ 初のアニメ作品で‥


今月21日、新宿ピカデリーにて、映画『アイの歌声を聴かせて』の公開記念舞台挨拶が行われ、プリンセス・ムーン役の咲妃みゆさん、監督の吉浦康裕史さんが登壇しました。

本作の主人公は、景部高等学校に転入してきた謎の美少女・シオン(cv土屋太鳳)。
抜群の運動神経と、天真爛漫な性格で学校中の人気者になるが‥ 実は試験中のAIだった! 
そんな彼女が手を差し伸べたのが、クラスで孤立しているサトミ(cv福原遥)。
サトミの前で突然ミュージカル調に歌い出し、思いもよらない方法で彼女を“幸せ”にしようと奮闘するが、大騒動に巻き込まれてしまう‥ という、ハートフルエンターテイメント作品。
咲妃さんは、劇中に登場するアニメ「ムーン・プリンセス」のムーン役を担当し、劇中歌「フィール ザ ムーンライト~愛の歌声を聴かせて~」を歌っています。

初のアニメ作品に参加となった、元宝塚歌劇団の咲妃さん。
オファーを受けた時「まさか自分がアニメに携われる日が来るとは、夢にも思わなかった。本当に素敵な話をいただき、必死で練習しレコーディングに挑んだ。かなり音階の移動が大きい曲だったから、とても難しかった」そう。

舞台あいさつの最中、同曲のMVが公開。
自らの歌唱風景を見て「なんだか自分が歌わせていただいたのに、自分じゃないかのごとく感動してしまった。こんな素敵な歌を、こんな素敵なオーケストラの方と歌わせてもらい、とても幸せです」と、喜びました。

MVの撮影はつい先月。
「とても広いスタジオで、空間が曲の壮大さをより作り上げた。『こうして下さい』という動きなど指示されることなく、『好きなように歌って下さい』と言われた。だからフリなども自分で勝手につけさせてもらった」そう。
吉浦さんは「素晴らしい。本当に良いものを見せてもらった」と、感謝。

監督として吉浦さんは、キャスト達のレコーディングに立ち会ったそうだが、咲妃さんの歌については“お任せ”だったとのこと。「言うことは何もないと観客状態だった。ひたすら『すごい‥』と感じた」。

しかし、咲妃さんは「とても緊張していた」と明かし、「皆さんがブースの外から見守って下さっていたのがプレッシャーで、カーテンを閉めてもらった。結局最後までカーテンは閉まっていた」そう。とても照れ屋の一面を語りました。

映画『アイの歌声を聴かせて』絶賛公開中!
配給:松竹 (C)️吉浦康裕・BNArts/アイ歌製作委員会

★舞台挨拶の様子は他にも↓
https://www.youtube.com/watch?v=zNyJGbq1L-w
The post “恥ずかしいからカーテン閉めて” 元宝塚・咲妃みゆ 初のアニメ作品で‥ first appeared on フィールドキャスター.

当記事はフィールドキャスターの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ