マヂカルラブリー、今年のM-1で優勝期待するコンビ明かす「GQ MEN OF THE YEAR 2021」受賞

モデルプレス

【モデルプレス=2021/11/24】24日、都内にて開催される「GQ MEN OF THE YEAR 2020」授賞式を前に、メン・オブ・ザ・イヤー・ベスト・コメディ・デュオ賞を受賞したお笑いコンビ・マヂカルラブリーがフォトコールに登場した。

昨年「M-1グランプリ 2020」にて悲願の優勝を果たし、大ブレイクしたマヂカルラブリー。受賞の感想を聞かれると、「普段の生活をしてきて、気づいたら選ばれていたということで、ラッキーだと思います!」と村上。

野田クリスタルは「予定ではキングオブコントで三冠とる予定だったのですが、逃してしまったので、これで晴れて三冠ということにしたいと思います」と胸を張った。

今年のM-1グランプリで期待しているコンビを尋ねられると、村上は「優勝した時にかけていたメガネをオズワルドの伊藤(俊介)に預けてあるので、オズワルドが優勝してくれたら僕のメガネのおかげだって言えるので」と、オズワルドをプッシュ。

野田はランジャタイを挙げ、「ランジャタイが優勝することによって、もっと“漫才論争”が巻き起こることによって、ずっと僕等が掘り起こされるので、永遠に話題になるという仕組みです」と見据えていた。

◆マヂカルラブリー メン・オブ・ザ・イヤー・ベスト・コメディ・デュオ賞 受賞理由



野田クリスタルが動きに動きまくってボケる。そして、その動きボケに村上が小刻みにツッコみを入れるという新しい漫才スタイルを創出した。これは果たして漫才なのか?という議論をよぶアヴァンギャルドなお笑いコンビである。その価値紊乱的な“笑い”に、時代の新しい顔が覗いている。

◆「GQ MEN OF THE YEAR 2021」受賞者決定



同授賞式は、メンズファッション・ライフスタイル誌『GQ JAPAN』が毎年開催する各分野において圧倒的に活躍をした人を称えるアワード。

今年は「勇者たちの年」をテーマに、阿部詩(柔道家)、阿部一二三(柔道家)、有村架純(女優)、五十嵐カノア(プロサーファー)、北大路欣也(俳優)、北村匠海(俳優)、JP THE WAVY(ラッパー)、志尊淳(俳優)、都筑有夢路(プロサーファー)、TOMORROW X TOGETHER(アーティスト)、野口啓代(プロフリークライマー)、堀米雄斗(スケートボーダー)、役所広司(俳優)、ゆりやんレトリィバァ(芸人)、LEX(アーティスト) が受賞した。

なお、TOMORROW X TOGETHER、堀米、役所はビデオでの出演。授賞式は同日の19:30から開催され『GQ JAPAN』公式Youtube、Twitter、TikTokアカウントにて生中継される。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ