ルイ・ヴィトン、ラグビーW杯仏大会の公式トロフィー・トラベルケース製作

IGNITE


次のラグビーワールドカップは、2023年、フランスで開催される。



■ルイ・ヴィトンのトロフィー・トラベルケース

11月20日(土)、パリ近郊「スタッド・ドゥ・フランススタジアム」にて開催のラグビーテストマッチ、フランス対ニュージーランド戦において、ルイ・ヴィトンは 「ラグビーワールドカップ フランス 2023」のオフィシャルトロフィー・トラベルケースを発表した。

2023年9月から10月にかけてフランス各地で熱戦が繰り広げられる同トーナメント期間中、この新たなカスタムメイドケースに大切に収められ展示されるのは、ラグビーワールドカップの優勝国に贈られるアイコニックな「ウェブ・エリス・カップ」だ。

■ルイ・ヴィトンのこだわり

「ラグビーワールドカップ 2015」において初めて「ウェブ・エリス・カップ」を収めるトロフィー・ケースをデザインして以来はじまった、メゾンとラグビーワールドカップの長年にわたる関係に、新たな章が加わる。

「ラグビーワールドカップ フランス 2023」のために製作したこのスペシャルオーダーによるケースは、パリ近郊のアニエールにあるルイ・ヴィトンのアトリエで、熟練した職人たちが製作したもの。

メゾンを象徴するアイコニックなモノグラム・キャンバスで覆い、2枚のフロントパネルに、大会のイメージカラーを連想させるブルー、ホワイト、レッドで、「Victory(勝利)」と「Vuitton」を表す「V」をペイントで施した。

また側面には、「ラグビー・ユニオン」の1チームのプレイヤー数として、ラグビーの世界で特別な意味を持つ数字である15をローマ数字「XV」で描いた。

外装はロジン(補強をした縁部分)トリミングで仕上げ、1860年代からルイ・ヴィトンのトランクに使用してきた真鍮製のコーナープロテクター、ロック、クラスプを採用。

さまざまなスポーツ大会のためにメゾンが長年にわたり手掛けてきたトロフィートランク・コレクションでは初めて、ケースのライニングに「V」の装飾と同じ鮮やかなパントンブルーのラグジュアリーなルイ・ヴィトン レザーを採用。

また、蓋の内側にあしらった「Rugby World Cup 2023」のロゴパッチが、ケースのスペシャル感をより一層高める。



■組織委員会CEOかく語りき

2023年ラグビーワールドカップ フランス大会組織委員会のCEOを務めるクロード・アチェ氏は、次のように述べている。

ラグビーワールドカップ 2023フランスは、フランスのあらゆる魅力を世界に発信する舞台となるでしょう。 このオフィシャルトロフィー ・ トラベルケースには、ルイ ・ ヴィトンが誇るユニークな専門知識と職人技が余すところなく表現されています。

これから 2023 年の大会終了まで、ウェッブ ・ エリス ・ カップがこのトランクに収められることは、私たちにとって大変光栄なことです。

「ウェッブ・エリス・カップ」のオフィシャルトロフィー・トラベルケースは、FIFAワールドカップTM、NBAラリー・オブライエン・トロフィー、リーグ・オブ・レジェンド、フォーミュラ1モナコグランプリ、デビスカップ、ローラン・ギャロス、アメリカズカップなど、世界屈指のスポーツ大会のためにオーダーメイドのトロフィー・ケースを製作してきたルイ・ヴィトンの長い歴史の中で、新たなランドマークとなるものだ。

2023年、フランスならではの魅力に溢れたラグビーワールドカップとなりそうだ。開幕を期待しながら待ちたい。

公式サイト:https://www.louisvuitton.com/

(冨田格)

当記事はIGNITEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ