「なんでもうまくいく人」は何が違うのか?『なぜかうまくいく人の「秘密の習慣」(ハンディ版)』発売!

Rooftop


unnamed.png

株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワンは2021年11月19日に『なぜかうまくいく人の「秘密の習慣」(ハンディ版)』(佐藤伝・著)を刊行。

本書は、 2019年に出版し、 6万部を突破している同書名のコンビニ限定ムック(小社刊)の内容に、 大幅に加筆・修正を加えて書籍化したもの。 著者である佐藤伝氏は、 2001年刊行の『夢の種を育てる人の生活習慣』(PHP研究所)以来、 一貫して「習慣」をテーマとした著作を発表し続け、 著者累計は150万部を突破。 人気の「習慣の専門家」。

そして本書は、 心、 お金、 運、 人間関係、 思考などについて、 人生が劇的に好転する習慣を88項目厳選した、 佐藤伝氏のベスト&決定版。豊富なイラストとともに選りすぐりの「秘密の習慣」を紹介。

unnamed-1.png
本書で紹介するのは、 こんな習慣
【心】「すみません」より「ありがとう」と言う

【お金】革の財布、 銀の財布、 金の財布─ 3つのお財布を使い分ける

【運】毎日、 夢を口に出す

【人間関係】さわやかに「紹介してください」とお願いしてみる

【朝】五感すべてで朝を味わいつくす

【朝日記】朝に3分、 メモ感覚で書く

【夜】入眠儀式と安眠テクニックで、 最高の眠りを得る

【思考】「人生曲線」を描いてみる

【仕事】3分以内でできることは、 その場ですぐやる

【勉強】驚きの成果が出る「インターモジュール学習法」

【メモ】アイデア・メモは定期的に見直す

「はじめに」より一部抜粋
突然ですが、 問題です。 もし、 ゾウを1頭、 完食しなければいけないとしたら、 どうやって食べればいいでしょうか。 丸ごと全部、 一人で食べきるのが条件です。 答えは、 「一口ずつ食べる」です。 これ以外の答えはありません。 人間が口に入れられるのは、 口に入るボリューム、 つまり一口分だけ。 それを続けて食べていくほかないわけです。 この問題は、 私たちに大きな示唆を与えてくれています。 どんな偉業でも、 大変な困難でも、 私たちは自分にできることをちょっとずつ、 ちょっとずつやっていくしかない、 ということです。 少し専門的に表現するなら、 「スモールステップよりさらにブレイクダウンし、 赤ちゃんが歩くくらいのベビーステップが大切」と言えます。 ベビーステップを続けることが、 高い壁を粉砕する破壊力を持つわけです。 私たちに必要なのは、 昨日より今日、 0.1%の成長をすることです。 そして、 それを続けること。 「昨日より、 ほんのちょっとイイ気分で目覚めたかも」「今日はストレッチをしたから、 昨日より少し身体がほぐれているな」「英語を5分勉強した」「1行だけ日記を書いた」という程度です。 正直、 1日単位で見ると、 あってもなくても影響がなさそうなくらいの成長ですが、 これを続ける、 つまり習慣にしていく。 たった0.1%でも、 694日後には、 今日より2倍の成長という大きな成果になっています。 これが習慣の「秘密の力」です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ