喫煙所に仕掛けられた擬装カメラはいくつある?

ラジオライフ.com


「擬装カメラ」を購入するなら、防犯ショップや裏家電ショップなどが独自にブランディングした商品がおすすめです。製品自体は中国製ながら、独自に機能をチェックした上で日本語の取扱説明書を付けてくれています。それでいてプロ用に比べると手頃で、1万~2万円程度が相場。セクハラやイジメなどの証拠撮りに最適でしょう。特殊なシチュエーションで役立つ擬装カメラを紹介します。

喫煙所に仕掛けられた擬装カメラはいくつある?

タンブラー型の擬装カメラで証拠集め


タンブラー型やライター型の擬装カメラは、特殊なシチュエーションでの証拠集めに役立つ小道具になります。カフェの近くに不倫相手のマンションがある、喫煙所でゲスなDV自慢が行われている…などなど。証拠撮りの選択肢を多めに持っておくに越したことはありません。

オンスクエアのタンブラー型の擬装カメラ「CK-009B」は、内部にカメラユニットを収納。実際に飲み物を入れることはできませんが、周りの風景に溶け込めるでしょう。

4Kカメラを内蔵していて、比較的近距離であってもボケが少ない映像を撮影可能。集音の具合もバッチリでした。実勢価格は34,000円です。

ミントケース型の擬装カメラのレンズ


アキバガレージのライター型の擬装カメラ「ABC-17mg」は、本体底面にレンズ穴を設置。タバコに火をつけた後、テーブルなどの上に置いて撮影するのが基本の使い方になります。

ライターとカメラは別パーツで構成されており、上部分のライターでは実際に着火できる仕組みです。実勢価格は17,380円となります。

さらには、ミントケース型の擬装カメラも存在。オンスクエアの擬装カメラ「A-310B」は、ケースの上フタにシールを貼れば本物とウリ2つです。ミントも数粒入れられます。

レンズ穴はミント提供側の反対側です。ケースを開けたままにしておくと画角に影響が出てしまうかもしれません。実勢価格は12,166円です。

当記事はラジオライフ.comの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ