『AAA』西島隆弘の“頭ポンポン”CMにブーイング「流さないで」「キツイ」

まいじつ


(C)Master1305 / Shutterstock 

若者に圧倒的人気を誇る男女混合グループ『AAA』の西島隆弘が、活動の幅を広げて柔軟剤をプロデュース。11月20日からCMが公開されたが、その内容にブーイングが殺到している。

西島のプロデュースした柔軟剤『P-sha(パーシャ)』は、「離したくない、この香り」をコンセプトに作られた商品。CMではお風呂上りの西島がタオルで髪を拭くシーンから始まり、タオルの匂いを嗅いで笑顔を見せる。続けて部屋から出かける女性を西島が抱き寄せ、頭を〝ポンポン〟し、耳元で甘いセリフを囁くというファン必見の映像になっている。



「CMソングには本人がソロ名義のNissyとしてリリースした楽曲『Do Do』が使用され、何から何まで西島尽くしとなっています。当然、彼のファンからは、商品だけでなくCMにも《Nissyのタオルになりたい》《頭ポンポンされたい…》《Nissyの香りが部屋中に漂う感じがして癒やされてます》といった歓喜の声があがりました。さすがにグループでも1番人気の西島だけあって、早くも話題を呼んでいるようですね」(芸能ライター)

頭ポンポンはもう古い!?


しかしファンの声とは裏腹に、CMの演出には嫌悪感を示す人も。ネット上には、

《頭ポンポンは地雷。ムカつくんですけど。制作会社って何もわかってない》
《甘いCMはあんま流さないでほしい》
《女性人気あるから大きな声で言えないけど、このCMはスゴく気持ち悪く感じてしまう》
《柔軟剤と頭ポンポンは何の関係があるの? 純粋に柔軟剤の良さを伝えてほしい》
《男のあざとい系って、マジで見ててキツイ》
《頭ポンポン好きな人って、高校生や大学生のカップルだけでしょwww》

などと批判が殺到している。

「そもそも〝頭ポンポン〟は、男性が『女性の喜ぶ行動』と思っているだけで、本当はそこまで受けがよくありません。基本的に頭ポンポンに夢を見るのは、女子中高生などの柔軟剤を購入しない低年齢層ばかり。ファン層が低年齢なため無理はないかもしれませんが、本当に柔軟剤を売る気があるのか疑いたくなる演出です。よく思わない人がいるのも当然でしょう」(同上ライター)

西島の魅力は最大限に生かされたCMではあるが、ファン以外に受けが悪いとあっては〝失敗〟といっても過言ではないだろう。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ