東海地方 きょう22日は夜のはじめ頃まで雨 寒気流入であす23日以降 季節が前進

日直予報士

東海地方は、きょう22日15時現在、広い範囲で雨が降っていて、雨脚が強まっている地域もあります。寒冷前線が通過するため、今夜はじめ頃まで、雨の降り方や落雷に注意して下さい。
前線通過後は、寒気が流れ込み、ぐっと寒くなりそうです。

●きょう22日は夜のはじめ頃まで雨 前線通過後 寒気流入

けさ22日は、東海地方の広い範囲で雨が降り出し、1時間に20ミリ以上の強い雨を観測した地域もありました。
この雨は、夜のはじめ頃まで、広い範囲で降り続き、一時的に雷を伴って雨脚が強まる所もあるでしょう。引き続き、雨の降り方や落雷に注意して下さい。雨が止んだ後は、寒気が流れ込み、また、風も強まるため、ぐっと寒くなりそうです。今夜は暖かくしてお休み下さい。

●しばらく晴天が続く 岐阜県の飛騨北部では雪に注意

あす23日~24日(水)は、日本付近は冬型の気圧配置となるでしょう。沿岸部を中心に風が強く吹くため、強風や高波に注意が必要です。
25日(木)以降は、冬型の気圧配置は弱まり、しばらく高気圧に覆われる見込みです。
このため、東海地方は、あす23日(勤労感謝の日)は、晴れる所が多く、行楽日和となりそうです。その後も、晴れの天気が続く地域が多いでしょう。
ただ、岐阜県の飛騨北部では、あす23日~24日(水)頃にかけて、寒気に伴う雪雲が流れ込みやすい見込みです。標高の高い所では雪で降り続き、積雪となるでしょう。峠を越える方は、最新の気象情報・交通情報に注意して下さい。

●寒気流入で季節前進 暖かい服装を心がけて

先週までの暖かさから一転、寒気の影響で、今週は、日中あまり気温が上がらず、ぐっと寒くなるでしょう。
あす23日の最高気温は、名古屋で12度と12月中旬並で、風が冷たい一日となりそうです。
その他の日も、最高気温は15度以下の日が多く、日中もコートがあると安心でしょう。
さて、きょう22日の雨で、落葉が進んでしまった地域もありますが、紅葉がまだまだ見頃の地域や、ようやく色づきはじめた地域もあります。今後、紅葉などの散策に行く際は、暖かい服装でお出掛け下さい。

当記事は日直予報士の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ