吉田鋼太郎、3人娘の幸せを願って奮闘する父親に 『おいハンサム!!』来年1月スタート

クランクイン!

 俳優の吉田鋼太郎が、2022年1月8日スタートの土ドラ『おいハンサム!!』(東海テレビ・フジテレビ系/毎週土曜23時40分)で主演を務めることが発表された。“食”と“家族”のものがたりをテーマとした本作で、吉田は3人娘の幸せを願って奮闘する父親役を演じる。

ユーモアと実体験を交えて日常の一コマを描く漫画家・伊藤理佐の作品を初めて実写化となる本作。人気コミック『おいピータン!!』&『おいおいピータン!!』(講談社)を中核原作に、『渡る世間はオヤジばかり』『チューネン娘。』『あさって朝子さん』など、数ある人気コミックをモチーフに映像化する。脚本・演出・プロデュースを務めるのは、ドラマ『ランチの女王』(フジテレビ)など数々のヒット作の仕掛人・山口雅俊。

東京の一軒家で妻・千鶴と暮らしている伊藤源太郎。3人の娘はそれぞれ実家を出て立派に暮らしていたはずだった…が、実際は、長女の由香は独身で、仕事は順調だがエブリデイ・不倫気質。次女の里香は高学歴な男と結婚して大阪に住んでいるが離婚寸前。三女の美香も独身で念願の一人暮らしを始めた途端、売れそうもない漫画家志望の男と半同棲状態。

男を見る目がない娘たちが心配でたまらない源太郎は、娘たちの好みを完全に無視し、気に入った男性(実は長女・由香の元カレ)を深夜に突然自宅に連れてきて一方的に娘たちに紹介するが…。

主演を務めるのは、舞台・ドラマ・映画と第一線で活躍する、唯一無二の実力派俳優・吉田。ややこしいけど情に厚く憎めない、“昭和の頑固親父の生き残り”源太郎をどのように演じるのか注目だ。

さらに、伊藤家のキャストとして、三姉妹の長女・由香役を木南晴夏、次女・里香役を佐久間由衣、三女・美香役を武田玲奈が演じることが決定。母・千鶴役にはMEGUMIがふんし、実年齢と大きく離れた母親役に挑戦する。

吉田は、「頑固だけれど、お茶目な所や弱い所もあるお父さん、3人の娘、全てを包み込むお母さんが織り成す、新しいタイプのホームドラマだと思います! 昭和生まれも、平成生まれも…、幅広い年代で『あ、ウチのお父さん、こんな感じ!』と楽しんで頂けると思います!」とコメントしている。

ドラマ『おいハンサム!!』は、東海テレビ・フジテレビ系にて2022年1月8日より毎週土曜23時40分放送。全8回(予定)。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ