関東 雨雲のすき間も油断禁物 帰宅時間の夕方から夜の初め頃 横殴りの雨の所も

日直予報士

きょう22日(月)の日中、関東は雨雲のすき間に入り、薄日の差した所もありますが、油断禁物。西から寒冷前線に伴う活発な雨雲が近づいています。夕方からは広く雨で、沿岸部では風も強まり、横殴りの雨となる所もあるでしょう。前線通過前後は大気の状態が非常に不安定となるため、落雷や竜巻などの突風に注意が必要です。

●夕方~横殴りの雨の所

きょう22日(月)、都心など関東は雨雲と雨雲のすき間に入り、日中は薄日の差している所もありますが、油断禁物です。西から寒冷前線に伴う発達した雨雲が近づいていいます。夕方からは広く雨となり、1時間に30ミリ以上のバケツをひっくり返したような激しい雨の降る所があるでしょう。神奈川や千葉など沿岸部では風も強まり、横殴りの雨となる所もありそうです。
強い雨が降る時間は4時間くらいで、東京都心では午後9時くらいには雨は止む予想です。ただ、短時間にザッと強い雨が降ると、アンダーパスなど低い所では道路が冠水する恐れがあるため注意が必要です。
また、寒冷前線通過時は大気の状態が非常に不安定となります。落雷や竜巻などの激しい突風にも警戒が必要です。

●今月上旬 各地で突風被害も

今月は9日も、寒冷前線が本州付近を通過(この時は、南岸にも前線を伴った低気圧が発生)。千葉県富津市富津から新富にかけて突風が発生し、住家の屋根瓦のめくれなどの被害が出ました。気象庁は現地調査を行い、竜巻の可能性が高いと判断しました(速報)。前線が通過する前後は落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうに十分な注意が必要です。
ゴロゴロと雷鳴が聞こえる、急に冷たい風が吹く、日中ではあれば黒い雲が見えたら雷雲が近づいているサインです。頑丈な建物に避難しましょう。

当記事は日直予報士の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ