BTS、アジア歌手初“米三大音楽授賞式”「AMAs」でArtist of The Year受賞

モデルプレス

【モデルプレス=2021/11/22】現地時間21日(日本時間22日)、米ロサンゼルスにて音楽授賞式「2021 アメリカン・ミュージック・アワード(AMAs)」が開催。BTSが「Artist of The Year(今年の歌手賞)」を受賞した。

AMAsは、ビルボード・ミュージック・アワード、グラミー賞と並ぶアメリカ三大音楽賞の1つ。今回BTSはアジアのアーティストで初めて「Artist of The Year」を受賞するという快挙を成し遂げた。

メンバーは「今年のアーティスト賞を受賞できて光栄だ。 4年前、僕たちは初めてアメリカのTVライブパフォーマンスをこの舞台で行った。 今でも、あの時どれほど緊張して、楽しんだか覚えている。 その後、驚くべき旅程を歩んできたが、ARMYの皆さんを除いて、誰も僕たちがこの場でこの賞を受けるとは思わなかった」とし、「僕たち7人は音楽を愛する気持ちで集まった。 音楽の力と全世界の多くの人々のおかげでここまで来れたし、このような大きな賞を受賞することができた。 奇跡のようなことであり、当たり前なことだとは思わない。 この賞の栄光を皆さんに捧げたい」と感想を述べた。 彼らは「僕たちの音楽で皆さんを幸せにできるよう努力しており、この瞬間が新しいスタートになると信じている」と付け加えた。

なおBTSは「Favorite Pop Duo or Group」、「Favorite Pop Song」も受賞し三冠を獲得。コールドプレイと共にコラボレーション楽曲「My Universe」のステージを披露したほか、授賞式の大トリとしてヒット曲「Butter」のパフォーマンスを行った。

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ