乃木坂46・齋藤飛鳥の“黒歴史”を封印!『ベストアーティスト』に落胆の声

まいじつ

齋藤飛鳥 
齋藤飛鳥 (C)まいじつ 

11月17日放送の『ベストアーティスト2021』(日本テレビ系)では、番組20周年ということで、過去の放送を振り返る一幕が。『嵐』と『乃木坂46』のコラボ映像が流れたのだが〝とあるシーン〟が不自然にカットされていたと話題になっている。

両グループがコラボしたのは、2017年11月の放送回。「嵐」のデビュー曲である『A・RA・SHI』を両グループで披露した。息の合ったパフォーマンスだったものの、ラップ調のソロ部分を任された「乃木坂46」の齋藤飛鳥が歌詞を間違える一幕も。

本来は「今日もテレビで言っちゃってる」という歌詞なのだが、齋藤はハキハキとした歌声で「今日もどこかで言っちゃってる」と間違えてしまう。些細なミスだが、「嵐」ファンは許せなかったようで、齋藤を糾弾。これを重く受け止めた齋藤が謝罪する騒動にまで発展した。

黒歴史ラップを待ち望んでいた人も? 落胆するファン


彼女にとって黒歴史ともいえる「A・RA・SHI」がこの日の番組で、再び流された。しかし放送されたのは、ラップ調のAメロの前半部分をカットしたもの。おそらく齋藤の黒歴史に番組が配慮したのだろう。

これに齋藤のファンからは、

《サクラップ間違えた飛鳥ちゃんはいなかった》
《飛鳥がラップ間違えたのなつかし》
《あのときは荒れたなあ…》
《あれ? 飛鳥ちゃんとなぁちゃんのラップは?》
《飛鳥ちゃんのサクラップ見せんかい》

など、さまざまな反響が寄せられている。

カットせずに放送していれば、おそらく2017年と同じようなブーイングが齋藤に寄せられていたはず。彼女の黒歴史を楽しみにしていたファンは物足りないかもしれないが、ラップ部分をカットしたのは英断だろう。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ