JASPĘR新曲『Silent』、自身初実写MVに人気インフルエンサーRin&能登谷このんがW主演!

Rooftop


unnamed-1.jpg

チルボイスシンガー JASPĘRが、 12月1日にリリースする新曲『Silent』のジャケットとMVの概要を公開した。 自身初の実写作品となる。

TikTokをメインに活動するJASPĘRは、 日本の中高生のみならず海外にも急速にファンを拡大、 現在動画総再生回数200万回突破しているSNS系新人アーティスト。 今年7月にSNS上に登場して以降、 TikTokの更新を始め、 リリースラッシュやZeppTokyoでの初ライブ実施等、 精力的に活動している。

今回リリースする新曲『Silent』は、 下記メッセージをすれ違う1組のカップルに置き換えて表現した、 人気シンガーソングライターうぴ子とのフィーチャリングバラードとなっている。

本楽曲のMVは、 JASPĘR本人と若干20歳の新鋭・村主匠人がW監督としてタッグを組み、 江ノ島シーキャンドルやイルミネーション街で撮影。 ティーンから支持を集めるインフルエンサーRinと能登谷このんがW主演するドラマシーンと、 JASPĘR自身TikTok以外で初めて実写出演となる歌唱シーンを掛け合わせた2部構成に仕上がっている。

unnamed-2.jpgunnamed-3.jpg

ドラマver.のMVティザーを上記出演者TikTokから先行公開中。またMVフルver.は12月1日20時にJASPĘR Youtubeアカウントから公開予定。 クリスマスに向けてぜひ大切な人を想いながら聴いてほしい。

楽曲メッセージ
―目の前に見えるものが全てではない世界で、 僕は君をどれだけわかってあげられていただろうー

自分のことは自分にしかわからないしそれが大切な人であっても、 相手のことは相手自身にしかわからない。 そして、 目の前に見えるものが全てではなかったりする。 自分の感情だけを優先せずもっと相手を大切にお互いの事を分かり合えてこそ色々乗り越えることができる。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ