ディズニーが贈るミュージカル・ファンタジー『ミラベルと魔法だらけの家』日本版エンドソングアーティストにナオト・インティライミが決定!

Rooftop


unnamed.jpg

数々の作品で観客を物語へと引き込む珠玉の音楽と圧巻の映像美で、世界中を感動の渦に包み込んだディズニー・アニメーション・スタジオが、この冬贈る最新作は、“魔法”に溢れる世界に住む新ヒロイン・ミラベルの活躍を描く待望のミュージカル・ファンタジー『ミラベルと魔法だらけの家』。いよいよ公開が目前に迫り大きな期待が高まる中、本作の日本版エンドソングアーティストとして、世代問わず日本で絶大な人気を誇るシンガーソングライター、ナオト・インティライミに決定した。

『モアナと伝説の海」以来4年ぶりのディズニー・ミュージカル、さらにディズニー長編アニメーション60作品目という記念すべき本作で、日本版エンドソングアーティストとして大抜擢となったナオト・インティライミ。オファーを受けたときの心境を「本当に僕ですか?と。それくらい耳を疑いました。」と自身も信じられなかったと振り返る。「世界中の人々に愛されているディズニーの作品に音楽で参加させて頂けることをものすごく光栄に思いましたし、夢がひとつ叶ったなって。いつか日本武道館でやりたいとか、紅白歌合戦に出たいとか、それと同じく『ディズニーの曲を歌いたい』というのは夢のチェックリストのひとつだったんです」とディズニー作品の曲を歌うというのが、彼の夢だったと熱い想いをコメント。

さらに今回アーティストとして参加するだけではなく、楽曲の日本語訳詞も担当。Naoto名義でラテンシーンでも活躍しコロンビアとの関わりも深く、自身の音楽との出会いを映画化した『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー』(2012)では、デビュー前の世界旅行以来にコロンビアを再訪。本作にも参加している現地のアーティストとも交流があるそうで、コロンビアを舞台とした本作の日本版エンドソングアーティストに、まさになるべくしてその座を掴み取ったのだ。

彼が歌うのは、本作の日本版エンドソング「マリーポーサ ~羽ばたく未来へ~」。トニー賞、グラミー賞など数々の賞を受賞し、本作の楽曲制作を務めるリン=マニュエル・ミランダによる渾身の一曲だ。本楽曲は一人だけ魔法を持たないミラベルが、ある日突然迫った家族の危機を救うために立ち上がる中、家族を守りたい一心で奮闘するミラベル、そして観客の私たちの心にも明かりを灯してくれるような、切なくも胸に染みる珠玉のバラード。この曲についてナオトは「ミラベルと家族たちの秘密が明かされる重要な場面で流れる劇中歌「2匹のオルギータス」をカバーしたものなんです。」と物語の中でも重要なシーンで登場する楽曲のカバーであることを明かす。彼自身が尊敬するコロンビアの人気アーティストでオリジナル版を歌うセバスチャン・ヤトラやもう一つのエンドソングである「愛するコロンビア」を歌うカルロス・ビベスと肩を並べることに関しては、「本当に光栄なことですし、死ぬ気で今回の楽曲を作らせて頂きました。」と並々ならぬ熱い想いを明かした。一体どんな楽曲になっているのか、そして、彼が情熱をもって作り上げた日本語の歌詞ではどんな言葉が綴られているのか。期待せずにはいられない。

さらにナオトは本編にも一言声優として参加し、吹替デビューも飾っている。彼のトレードマークのような帽子を被り、本人が顔の作りも近いと語るキャラクターなので、見逃さないように要チェックだ。そして気になるナオト・インティライミが歌う「マリーポーサ~羽ばたく未来へ~」は近日公開予定。ぜひご期待を。

ミラベルと魔法だらけの家
「ズートピア」「アナと雪の女王」のディズニーが贈る、待望のミュージカル・ファンタジー。魔法の力に包まれた、不思議な家に暮らすマドリガル家。家族全員が家から与えられた“魔法のギフト(才能)”を持つ中で、少女ミラベルだけ何の魔法も使えなかった。ある日、彼女は家に大きな”亀裂”があることに気づく──それは世界から魔法の力が失われていく前兆だった。残された希望は、魔法のギフトを持たないミラベルただひとり。なぜ、彼女だけ魔法が使えないのか? そして、魔法だらけの家に隠された驚くべき秘密とは…。

監督:バイロン・ハワード『塔の上のラプンツェル』『ズートピア』、ジャレド・ブッシュ『ズートピア』

音楽:リン=マニュエル・ミランダ『モアナと伝説の海』

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

コピーライト表記:© 2021 Disney. All Rights Reserved.

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ