西野亮廣“プペル歌舞伎”のチケット価格で大バトル!「反発した時点で負け」

まいじつ

キングコング 西野亮廣 
キングコング 西野亮廣 (C)まいじつ

お笑いコンビ『キングコング』の西野亮廣が11月16日、音声プラットフォーム『Voicy(ボイシー)』を更新。〝プペル歌舞伎〟のチケット価格について言及した。

来年1月、東京・新橋演舞場での上演が発表された新作歌舞伎『プペル ~天明の護美人間~』。歌舞伎俳優の市川海老蔵が主人公プペルを、友達のルビッチを、市川ぼたんとして活動している長女・麗禾(れいか)ちゃんと長男・勸玄(かんげん)くんが日替わりで演じることが話題になった。

プペル歌舞伎のチケット代はSS席が3万円、2階最前列のS1席でも2万円。なかなか立派な価格設定ということもあり、一部週刊誌が「高すぎ」と報道した。これに対し、西野は「SS席というものがあって、それが1席3万円なんですね。歌舞伎のS席って2万何千円とかなんですけど、それと比べてどこかの週刊誌が価格を批判して、田村プロデューサーが『アホか』とブチギレていたんです。身内びいきするわけじゃないですが、僕もアホだと思っています」とバッサリ切り捨てた。

続けて、「ここで言う『アホ』というのは『性格が悪い』という意味じゃなく、『シンプルに頭が悪い』ということです。そもそもモノの値段を決めるのは買う人で、高けりゃ買わなきゃいい話。買う人がいればそれは外野が口をはさむ問題ではない」と怒りを露わにした。

西野亮廣の主張に賛否両論「上から目線すぎ…」


西野の言い分に、フォロワーからは

《さすがに今回は西野の言うとおりだな。3万円の価値があると思う人は買えばいいし、そうでないなら買わなければいい。個人の自由だよ》
《たしかに西野がいうことが正論。一部の身内だけでやってるんだから、外野がとやかく言うほどのことじゃないね》
《価値観の相違は埋まらない。仕方ないことですね》
《歌舞伎ってそもそも高い席は高いよね? ある程度はしょうがないことなのでは?》

など、賛同の声があがっている。一方で、週刊誌に対して西野が反論したことに、一部からは

《歌舞伎で一番高い席は、桟敷席2万2000円だったかな。なので3万円は前例のない高さではある。相場からズレてるんだから高いと指摘されてもしかたないだろうね》
《言ってる意味も気持ちもわかるけど、消費者に対して上から目線過ぎるのはどうかと思います》
《高いかどうかは観てみればわかります、決して損はさせませんよ。ぐらいのことは言えないのでしょうか。四方八方にけんかを売る商法は、学校に行かない子どもユーチューバーのようですね》
《なんか、逆も然りって感じだけど。むしろこれは反発する必要がない。西野が反発した時点で負けだと思う》

などといった指摘もあがっている。

「西野にしてみれば映画と同様に、信者に高額でチケットを売りたいという思惑があるのではないでしょうか。その矢先に『高い』などと指摘されては、文句のひとつも言いたくなるでしょうね。海老蔵も若い世代に歌舞伎を見て貰いたいと考えているようですが、作品がオンラインサロンでズブズブの西野のプペルですから、諸刃の剣でしょう」(芸能記者)

当初、公演の主催と制作となっていた『松竹』は、高額な料金や家族色が強すぎるキャスティングに難色を示し、結果、海老蔵サイドの自主公演となった。西野、海老蔵、「松竹」の間でもう一悶着ありそうな予感だ。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ