月曜日は広く荒れた天気 太平洋側を中心に激しい雨や横殴りの雨 各地のピークは

日直予報士

あす22日(月)は広く雨や風が強まり、荒れた天気の恐れ。太平洋側を中心に激しい雨の降る所もあるでしょう。各地の雨や風のピークをまとめました。

●広く荒れた天気に

あす22日(月)は、低気圧が急速に発達しながら沿海州付近を北東へ進み、低気圧からのびる寒冷前線が本州付近を通過するでしょう。
全国的に雨が降り、太平洋側を中心に激しい雨の降る所もありそうです。激しい雨とはバケツをひっくり返したような降り方で、道路が一気に川のようになってしまうこともあります。また、沿岸部ほど風も強まり、荒れた天気になるでしょう。

●荒天のピークは

【沖縄】日中は雨雲がかかるでしょう。次第に北風が強まりそうです。
【九州、中国、四国】昼頃まで雨が降るでしょう。雨のピークは午前中で、通勤や通学の時間帯も雷を伴って激しい雨の降る所がありそうです。道路の冠水に注意が必要です。雨の後は次第に北または西風が吹き、冷たい空気が流れ込んでくるでしょう。
【近畿、東海、北陸】夕方まで雨の降る所が多いでしょう。近畿や東海では昼頃から夕方にかけて活発な雨雲や雷雲がかかりそうです。落雷や急な激しい雨にご注意ください。
【関東】夜にかけて断続的に雨や雷雨になるでしょう。沿岸部では帰宅時間帯に激しく降ることもありそうです。風も強まり、横殴りの雨になる所もあるでしょう。大き目で丈夫な傘があると良さそうです。
【北陸、東北】北陸は日中、東北の日本海側は午後に雨が降るでしょう。東北の太平洋側は午前中から雨で、午後は雷を伴って激しい雨の降ることもありそうです。風も強まり、荒れた天気になるでしょう。大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や強風、高波に注意・警戒してください。
【北海道】午後を中心に広く雨雲や雷雲がかかるでしょう。風も次第に強まって横殴りの雨になる所もありそうです。

●前線通過後は寒気流入

寒冷前線が通過した後は冬型の気圧配置となり、日本列島の上空にはこの時期としては強い寒気が流れ込む予想です。北日本の日本海側は平地でも所々で雪が降るでしょう。東日本や西日本の標高の高い所でも23日(火)から24日(水)頃にかけて雪の降る所がある見込みです。峠越えの車は冬の装備をなさってください。

当記事は日直予報士の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ