狭いトイレは「空中収納」で解決♪100均グッズを使ったトイレットペーパー収納法

暮らしニスタ


こんにちは。ライフオーガナイザーⓇの平沢あかねです。

狭いトイレは収納に悩む方が多い場所のひとつ。

「トイレに収納スペースがない!」
「トイレットペーパーの補充をうっかり忘れる!(トイレに座ってから気づくと焦りますよね…)」
「家族がトイレットペーパーの補充をしてくれない!」

など、家族全員が毎日使う場所だからこそ気になるお悩みがありますよね。

そこで今回は、片づけサポートに伺ったお客様にも「これなら簡単!」とご好評いただいた「狭いトイレでもできるトイレットペーパーの収納アイデア」をご紹介します。

使うのはすべて100均グッズ!




使うモノは100均で買えるこの3点。
・S字フック
・突っ張り棒
・メッシュバッグ

この3つで、床置きしない「空中収納」を作ります。



トイレットペーパーを収納したい場所に突っ張り棒を設置。
(わが家はタオルハンガーと壁の間に使用)

そこにS字フックをひっかけ、トイレットペーパーのストックを入れたメッシュバッグをフックに掛けて収納します。

掛ける収納=「空中収納」で狭い空間を有効活用




床置きの棚を購入して収納スペースを作るより、リーズナブルで省スペース!ペーパーホルダーの近くに置いておくと、トイレに座ったままでも補充できます(笑)。

家族が補充をしてくれない背景には、「どこにあるかわからない」「面倒くさい…」という理由が潜んでいることが多いため(笑)、「目につきやすく、すぐに手に取れる場所」に置くことで、家族にも補充してもらえるようになりました。

メッシュバッグで中身が見えるので、在庫数もひと目でわかります。

使いやすさに合わせてアレンジできる


この「空中収納」は突っ張り棒に限らず、フックを使って壁かけにしたり、S字フックを配管部分に引っ掛けて使ったりと、設置場所と使いやすさに合わせてアレンジ可能。

バッグはおうちにあるエコバッグや紙袋でも使えますよ。ご家庭の使いやすさに合わせてアレンジしてみてくださいね。



バッグに入れるトイレットペーパーの補充を忘れそう…という方は、空になったバッグを「トイレ外側のドアノブ」にかけておけば補充の目印に!

トイレに入る前にこの目印が目に入るので「うっかり補充忘れ」を防止できます。

住む家を自分で選べない転勤族のわが家では、引っ越し先によってトイレの収納事情も様々。その都度アレンジしながら快適さを追求しています(笑)。

空中収納で狭いトイレも快適に


私たちの生活に欠かせないトイレ。
毎日使う場所だからこそ、快適空間にしておきたいですよね。狭いトイレでもできる「空中収納」、快適な空間作りの参考になりましたらうれしいです。

文/写真 ライフオーガナイザーⓇ平沢あかね

当記事は暮らしニスタの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ