震災から10年、陸前高田市『復興応援マラソン』にアディダス ジャパンが特別協賛

IGNITE


震災から10年、今なお復興へ向けて歩み続ける被災地域を活気づけようと、様々な試みが行われている。



アディダス ジャパンが特別協賛企業として運営をサポートした「復活の道しるべ2021 陸前高田復興 応援ありがとうマラソン」が、11月14日(日)に開催。

盛り上がった同大会の様子を紹介しよう。

■幅広い年齢層のランナーが参加

東日本大震災から10年が経ち、7回目を迎えた同大会はランナー489名が参加し、2.5km、4km、8km、エンジョイランの4種目で出走。新型コロナウイルス感染予防策として、陸前高田市を中心に岩手県民限定のランナー募集となったが、小学生から70代まで幅広い年齢層が復興の進む街を楽しく駆け抜けた。

2018年にオープンしたスポーツ施設「夢アリーナたかた」に続く大型施設として、陸前高田市には今年、新市庁舎がオープン。夏には震災後初めて高田松原海水浴場が海開きを迎え、緊急事態宣言が明けた10月9日には今年の国内最大級規模の花火大会となった「三陸花火競技大会」を開催した。



同花火大会には地域住民を中心に12,000人以上の観客が集結するなど、復興が進むと共に街が活気づいている。開会式では陸前高田市長より「震災から10年が経った今、この大会を継続できていることに感謝の気持ちを感じている。皆で元気よく走りましょう」との挨拶があり、これまでの年月に参加者が思いを馳せる場面があったという。

■阿部詩選手と田中将大選手の応援メッセージ

開催にあたっては、柔道家の阿部詩選手(日本体育大学所属)と東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大選手から応援メッセージが寄せられた。

阿部選手からは「私たちアスリートは、震災を忘れることなく伝えていくことが大切だと思っています。岩手の皆さん、まださまざまな困難があると思いますが心から応援しています」。

田中選手は「被災地の元気な姿を見てもらうこと、そして(思いを)届けることで、震災を風化させないことにつながると思います。これからも頑張っていきましょう」とコメント。

2名の選手の言葉に、開会式で放映された際には参加者から興奮の声があがった。



アディダス ジャパンはこれまでにも、スポーツ用品の寄付やスポーツイベントの開催など、陸前高田市に対してスポーツを通じた様々な復興支援を行ってきた。これからも同大会をサポートしていく。

スポーツで街を元気にする同イベント。1日も早い復興を願うばかりだ。

復活の道しるべ2021 陸前高田復興 応援ありがとうマラソン:http://i-sam.co.jp/rikuzentakata_oenmarathon/

(Goto)

当記事はIGNITEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ