幼児に見える…!? 絶対に注意したい「大人の失敗トレンドコーデ」

ananweb

ファッショントレンドは時として挑戦的ともいえるアイテムがブームになることがあります。2021年においては「ビッグカラー」がまさにそれ。一歩間違えれば幼児またはピエロのような仕上がりになる危険性をはらんでいます。そこで今回は、ビッグカラーコーデが失敗する原因と回避テクニックをご紹介します。
■ ビッグカラー+ハイウエストタックパンツは注意!

ビッグカラーアイテムでよく見かけるコーデといえば、ハイウエストパンツとの組み合わせですが実はこのコーデは難解な組み合わせでもあります。

ビッグカラーシャツは襟が大きいだけにトップスにボリュームが出るシルエットラインなので確かにハイウエストボトムとの相性は悪くありません。ただ、襟元のインパクトが強いうえにハイウエストを合わせてしまうとサーカスのピエロのようなコスチュームっぽさが出てきます。とくにウエスト・お尻にゆとりの出るタックパンツは鬼門中の鬼門と心得て。

また、ビッグカラーもフリル・レース・リボン・刺繍といった甘めのデザインがあしらわれるほどに子どもっぽさが増しますので気をつけましょう。デザインに甘さがあるなら、色はブラック・ブラウン・ネイビーといったシックな色のビッグカラーシャツを選びましょう。

■ シンプルデザイン&キャミワンピに切り替えて

anan世代におすすめするビッグカラーシャツの取り入れ方。まずは、ビッグカラーはスクエアタイプをはじめとした襟が直線的なデザインもしくは、上品なラッフルタイプがおすすめです。パンツと合わせる場合はシャツインではなく、シャツアウトでラフに着こなすと良いですね。ですが一番のおすすめはキャミソールワンピースとの組み合わせです。

キャミソールワンピースと組み合わせると、ビッグカラーシャツは単体のアイテムと認識されにくくなります。つまり、襟のデザインが特徴的なワンピースを着ているという印象になりビッグカラーシャツだけがコーデで浮いてしまう現象を防ぎます。

もしワンピース以外の組み合わせをしたいという場合は「コーデ全体をモノトーンでまとめる」「シンプルなデザインのスカート・パンツを合わせる」などして極力ミニマルにスタイリングをすると比較的まとまりが良くなります。ぜひご参考までに!

■ 可愛いデザインをシックに着るのが正解

30代前後は大人の女性の品格とフレッシュさを持ち合わせている世代。そのため、積極的にトレンドアイテムに挑戦していただきたくもあるのですが、若い子の着こなしそのままを真似するのはやっぱり違和感のもと。

とくに今回のような可愛い要素が前面に押し出されたアイテムこそ、組み合わせる服の色やデザインに工夫をして上品に着こなしましょう。ぜひ今季トレンドのビッグカラーシャツをご自身なりにコーディネイトしてみてくださいね。

イラスト・角佑宇子

当記事はananwebの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ