私だってこんな人生を経験したくなかった…でも過去を嘆いても変えられないのなら【親に整形させられた私が、母になる Vol.77】


■前回までのあらすじ
「人に嫌われた」と思うと、「自分の存在価値そのものが否定された」と思っていたハム子。でもその考え方の歪みに気づいて、自分で修正できるようになってきたとき、「私は私で良い」と思えるようになっていき…。

■多くの人が「生きづらさ」に悩んでいる…

親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる

親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる

親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる


私だって、できればこんな経験したくありませんでした。

整形なんてさせられず、感情を抑圧することもせず、あるがままの自分を受け入れてほしかった。自分らしく生きていきたかった。

…でももう過去はいくら嘆いても、自分や誰かを責めても、変えることはできないし消し去ることもできません。
だから『過去は変えることも消すこともできない』を受け入れて、『じゃあどうすればいいのだろう?』と考え始めた時、私はまた前に進み始めました。

たしかに経験したくなかった過去ですが、そんな過去からも得たものはあります。
こんな経験をしたからこそ得られたものは、私の中で今でも心のお守りになっているのです。



※この物語は私の経験を基に、一部編集しています。

(グラハム子)

当記事はウーマンエキサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ