『ドラゴンボール改』31話ベジータがクソ雑魚キャラに!「仙豆食って独り言喋ってただけ」

まいじつ

『ドラゴンボール改』31話ベジータがクソ雑魚キャラに!「仙豆食って独り言喋ってただけ」

『ドラゴンボール改』31話ベジータがクソ雑魚キャラに!「仙豆食って独り言喋ってただけ」 (C)PIXTA

大人気アニメ『ドラゴンボール改』(フジテレビ系)の第31話『孫悟空ついに到着! 蹴散らせギニュー特戦隊』が、11月16日深夜に再放送された。作中では孫悟空が圧倒的な強さを見せる一方、雑魚キャラと化したベジータに爆笑の声があがっている。

※アニメ『ドラゴンボール改』最新話の内容に触れています


最強部隊「ギニュー特戦隊」のリクームによって、無残にやられてしまったベジータ、クリリン、悟飯の3人。そんな中、ついに悟空がナメック星に到着し、3人のもとへ颯爽と駆けつける。

傷付いた3人を見つけ、すぐに「仙豆」を与えて回復を試みる悟空。そしてリクームを拳一つで倒し、サイヤ人としての本領を発揮する。さらにジースとバータも合体技「パープルコメットクラッシュ」で襲い掛かってきたが、2人を相手に一瞬でケリを付けたのだった――。

ベジータたちが大苦戦した「ギニュー特戦隊」の面々を、いとも簡単に倒した悟空の姿に視聴者も感動。ナメック星に到着するまでの間に黙々と修行していた成果を見せつけ、ネット上では《次から次へとギニュー特戦隊を倒していく悟空がかっこよすぎ!》《ため息が出るほど、悟空さカッコイイ》《悟空、お前はマジですごいぞ》《ギニュー特戦隊が弱いのではない。悟空が強すぎるんだ》といった歓声が巻き起こっている。

強敵だったはずが一変? 一気に差がついた悟空とベジータ


しかも悟空はただ強くなっただけではなく、クリリンの頭に手を当てて現状を把握するなど、今までにない力を得るほどパワーアップ。「主人公補正」と言えばそれまでだが、回を追うごとに進化する悟空に視聴者が惚れ惚れするのも無理はないだろう。

一方、そんな悟空を苦しめた強敵だったはずのベジータは、今回のエピソードで株が急落。悟空のお情けで仙豆を与えられ、命拾いするなど、情けない姿を見せていた。しかも、もはやモブキャラのように戦闘シーンの解説役となり、「とてつもなく重い一発だ。サイヤ人の戦闘レベルを明らかに超えている」「ヤツは、スーパーサイヤ人なのか…!?」「とてつもない戦闘力だ」などと悟空の実力に震えていた。

別人のようになってしまったベジータに、視聴者たちも《今日のベジータ、仙豆食って独り言喋ってただけ》《ベジータ、いつも解説ありがとうwww》《ベジータさんの饒舌な説明はマジで草》などとツッコミを入れざるを得なかったようだ。

悟空はベジータと再戦を誓っていたが、2人の間には今や圧倒的な実力差が生まれてしまった。ライバルキャラとして切磋琢磨していくことを期待したいものだが…。

文=大獄貴司

【画像】

Kostiantyn Postumitenko / PIXTA

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ