おぼん・こぼん 10年近いケンカから「水ダウ」企画で仲直り後の今は?

アサ芸プラス


テリー 最近は「水曜日のダウンタウン」を見たお客さんで、浅草の東洋館が連日大盛況なんでしょう。

おぼん 今まで10年近くケンカしてました、仲直りしました。その姿を皆さん見に来てくれてますね。

こぼん 若い子らが年寄りをからかって遊んでるだけですよ。

テリー そうなの?

こぼん というふうに僕は認識してますけどね。

テリー 漫才の最初に「仲直りした」って言うの?

おぼん 言いますよ。「どうも、おかげさんで仲直りしました」って2人で肩組むんですよ。ワーッと盛り上がります、お客さんが。

テリー いいですね。

おぼん 「2人が仲直りした姿を見たら元気もらいました」とか「疎遠になってた家族と復縁しました」っていう声も、ずいぶんいただいたり。

テリー じゃあ、万々歳だ。事務所も大喜びでしょう。

おぼん もうね、態度が全然違います(笑)。すごい立ててくれるんですよね。今までは「もうこれ以上やっても、おぼん・こぼんは儲からんな。もっと若手に力入れようか」って雰囲気だったのに、ちょっとブレイクしたら、もう。

テリー 「先生お願いします!」と。

おぼん いやいや、そこまで露骨じゃありませんけど。態度とかね。電話でわかりますもん。ものすごい親切やなって(笑)。

テリー でもさ、俺も2人と同年代だからわかるけど、ケンカするのって疲れるじゃない。だから、元気だなと思ってたんだよね。

おぼん 元気は元気ですけどね。

テリー 俺、あんまり詳しく事情を知らないんだけど、仲悪いって、どのぐらい悪かったの?

こぼん だから口きかないですよ、この10年近くは。

テリー ネタ合わせはどうするの?テレビなのか劇場なのか、場所によってどのネタをやるかも決めなきゃいけないじゃない。

おぼん だから、それもしてなかったんですよ。ネタ合わせも何もしないで、ポッと出てって。

テリー そうなんだ。それでやれちゃうのが、さすがベテランだけど。

おぼん 何年もやってるネタですからね。しんどいですけどね。

こぼん テレビの時は時間の確認はしますよ。6分とか尺が決まってるから。おさまらないと困るから念押しみたいなものですけど。

テリー 劇場は?

おぼん 劇場はもう好き放題。僕らはわりとトリじゃないですか。だから、だいたい15分なんですけど、トリの場合は30分やったり、好き放題やってます。

こぼん 僕らのあとが青空球児・好児だと、やっぱり15分でちゃんとおさめなきゃいけないけど。

テリー 漫才中は目も合わせないの?

おぼん そうですね。和解したあとに初めてこの人を見ながら、「いやいや」ってできるようになりましたけど、ここ7、8年はいっさい東洋館でこの人の目を見て漫才したことない。横も向いてないです。だから(お互いが右斜め前、左斜め前を向いて、客との関係が)三角形です。

こぼん そういう形は多いですけどね。僕らだけじゃなくて。

テリー ねぇ。昔の漫才師は仲が悪いのが普通というか。そのほうがおもしろかったりね。

おぼん でも大阪の漫才って、やっぱり(こぼんの顔を覗き込んで)「君ね」っていう。

こぼん けっこう古い型の漫才はそうだけど、よく見ると、みんなそうでもないです。まぁ、ある一瞬はもちろん向くでしょうけど、それ以外はそんなに向いてないと思うけどね。

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ