武田翔太、千賀滉大...球速UPの「魔改造」倉野信次コーチによる初めての著書が発売!

Rooftop


71PKWzAmaxL.jpg

株式会社KADOKAWAは書籍『魔改造はなぜ成功するのか』(著:倉野信次)を12月8日(水)に発売。

育成選手制度での入団から侍ジャパンのエースにまで成長した千賀滉大選手。 この千賀選手をはじめ、 「若い投手がどんどん育つ」と福岡ソフトバンクホークスは評判。 目覚ましい球速アップを果たし、 大きな成長を遂げる投手たちの活躍の裏には、 ファンの間で「魔改造(まかいぞう)」と呼ばれるコーチングがあった。

この『魔改造」を施した張本人とも言えるコーチ、 倉野信次氏による初めての書籍 『魔改造はなぜ成功するのか』 。「劇的な成長をもたらす、 この「魔改造」とはどんな選手にも当てはまる方法論なのか?」「全員に当てはまるものではないとすれば、 どういった選手ならば「魔改造」は成功するのか?」 倉野氏自ら 「努力する力を引き出す育成論」 と呼び、 その秘訣を明かす本書では具体的に 腕を振る感覚 や 投球術 、 さらには練習方法としての 「遠投」についての考え方 にも言及。 高校~大学~プロで活躍した投手としての、 さらには10年以上にわたる投手コーチとしての実体験をベースに、 プロ野球ファンだけでなく、 現在もプレーを続ける高校球児やアマチュア選手にも有用で参考になる内容になっている。

第5章 「投手であるとはどういうことか」より引用

「投手にとって大事なのは、 自分が感じる『良い球』を投げることではありません。 どんな球でも、 どんな調子でも、 打者を抑えるということが最大の目的のはずです。 自分が感じる良い球と、 打者が感じる良い球が必ずしも一致するわけではないですし、 調子が良いから勝負に勝てるというわけではありません。 そのことを理解せずマウンド上で自分本位の『良い球』だけを投げようとする投手には、 厳しく注意するようにしています」

unnamed-2.jpg
目次
はじめに

第1章 武田翔太と千賀滉大

ドラフト1位で入団した武田翔太

育成選手として入団した千賀滉大

第2章 努力できる環境を作る

三軍制という環境

「努力のため」の体力作り

「努力は当然」という雰囲気作り

努力の質を高める

第3章 努力する力を引き出す

伸びる選手と伸びない選手

努力は報われる

やる気を引き出す

現状と課題を把握する

結果より過程を評価する

第4章 その努力に寄り添う

選手と共に歩む

選手のことを知る

伝える力を磨く

本音で接する

第5章 努力を結果に繋げる

魔改造の秘訣

投手としてのスキルアップ

怪我との向き合い方

メンタルコントロール

投手であるとはどういうことか

おわりに

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ