ETCカードを忘れた時の料金所での正しい対処法

ラジオライフ.com


料金所でいちいち通行券や現金のやり取りをせずに済む「ETC」は便利ですが、車載器にETCカードを入れ忘れたためにETCゲートで立ち往生…といったこともおこりがち。ETC休日割引も復活して、ドライブに行く機会が増えている今こそ、ETCカードでおこりうるトラブルに遭遇した時にどう対処すればよいかを確認しておきましょう。

ETCカードを忘れた時の料金所での正しい対処法

ETCカードを入れ忘れたら係員呼び出し


ETCのありがちトラブルとして「ETC車載器へのカード入れ忘れ」があるでしょう。ETCカードを入れ忘れたまま入口料金所のETC専用レーンに入ると、ゲートが開かずに立ち往生することになります。

ここで、そのままETCゲートを強行突破するというのは最悪の対応です。不正通行とみなされ、通常時の2倍の料金を請求されるだけでなく、道路整備特別法違反として刑事事件化する恐れも出てきます。

ETCカードを入れ忘れた時の正しい手続きは、ゲートにあるボタンを使って係員を呼び出すこと。その際、事情を説明してETCカードを渡して手続きすれば、ETC利用扱いで走行が可能。もちろん、返却されたETCカードは忘れずにETC車載器へ挿入しましょう。

ETCカードを忘れた場合も係員呼び出し


次に、「ETCカード自体を忘れた」場合はどうすればよいのでしょう。高速を利用する前に気づいたなら、一般レーンを利用して通行券を受け取るか均一料金を現金で支払えば問題ありません。日本の高速道路にETC専用路線は存在しないので、そのままドライブは継続できます。

一方、ETCレーンへ入ってゲートが開かない段階でETCカード忘れに気づいた場合は、ETCカードの入れ忘れと同様にボタンで係員を呼び出すのが正しい対処法。料金後払いの路線であれば通行券を受け取り、均一料金であれば現金で通行料金を支払うわけです。

現金利用で高速道路を走ることになるため、ETC休日割引などの各種ETC割引は適用外になります。また、首都高速・阪神高速では走行ルート次第で現金料金がETC利用の3倍以上となるため、ETCカードは忘れないようにしたいところです。

当記事はラジオライフ.comの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ