「味」じゃないですよ!【昧旦】この<時間帯>って何だかエモいですよね…

恋愛jp


曖昧の「昧」に、元旦の「旦」と書く「昧旦」。
この漢字、じつはある時間帯をさすのですが、どの時間帯のことかご存じでしょうか。

この時間帯に起きている方もいるかもしれません。

(1)「昧旦」の読み方


どちらも見たことがある漢字ではないでしょうか。
とくに注意してほしいのが、「昧」という漢字です。

「味」によく似ていますが、「味」は「口」で「昧」は「日」という漢字に。
もしかしたら、もう読めている方もいるかもしれません。

この漢字は「まいたん」と読みます。
非常に響きの可愛い読み方なので、もうインプットしたことでしょう。

読み方も可愛いですが、「昧旦」がさす時間帯もなかなかステキですよ。
(『広辞苑』より)

(2)「昧旦」はどこの時間帯のこと?


ある時間帯のことを「昧旦」というのですが、どの時間帯が予想できますか。
朝?昼?夜?真夜中?

正解は「夜明け」です。
夜の暗闇に、太陽の光が昇り始めるあの瞬間が「昧旦」に。

薄暗さの中に、黄金のような輝きを放つオレンジ色のグラデーションは見ていて感動です。
そこに星があると、さらに雰囲気がよくなりますね。

そのほかの意味として、「あかつき」もあります。
昧旦が見られるのは、夜明け前に起きていることが前提。

とくに元旦の昧旦はご利益があるので、はじまりの昧旦は大切ですよ。
(『広辞苑』より)

(3)「昧旦」と似た意味をもつ言葉


夜明けという意味をもつ「昧旦」ですが、ほかの言葉でもあらわすことができます。
似た言葉を集めてみたので、ぜひ参考にしてください。

「昧爽」「夜明け」「暁」という言葉です。
それぞれの意味も合わせて見ておきましょう。

「昧爽」は、「夜明け。暁。未明」
「暁」は、「夜を3つに分けたときの第3番目。宵・夜中に続く。今はやや明るめをさしますが、昔は夜が明けようとするとき」

「夜明け」は、「夜が明けるとき。東の空がしらんで、うす明るくなってくるころ」
(『広辞苑』より)

可愛い読み方をする「昧旦」。
読み方以外にも「昧旦」がさす時間帯も神秘的であるため、すべて完璧な漢字です。

昧旦が見られる時間帯に起きていたら、その日一番の朝日を全身で浴びてくださいね。

(恋愛jp編集部)

当記事は恋愛jpの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ